黒歴史

コスト”と呼れてた時代①

起業するまでは、社畜だった。

20代半ば、会社員時代は使えない人間だった
闇を抱えた20代の頃の話、
私は会社で”コスト”と呼ばれていました。

なぜ、コストかと言うと、
契約が取れないに、給料だけを貰っていました。
俗に言う、給料泥棒。

利益が生まれず、
人件費だけが掛かってしまう、
会社員でした。

当時私は、
通信系の会社に勤めていました。

販売していた商材は、
固定電話の通話料を
安くする提案です。

その他にも、
携帯電話を販売していました。

あまり大きな声では言えませんが、
某有名なキャリアの一次代理店です。

なぜ、この会社を選んだのか。

当時の私は、仕事はつまらないもの。
どんな仕事についても、飽きてしまうもの。
だったら、どの仕事についても同じだし、
中途採用募集している会社へ片っ端から、
履歴書をだしていました。

そして、受かった会社は
何も考えず、そのまま入社ということを
繰り返していた。

今思えば、
よく考えて、会社選びをしたほういいのだと思う。。

配属先は、テレホンアポインターとしての仕事

私が入社した先は、
テレホンアポインター
通称テレアポです。

メラビアンの法則をご存知だろうか、
意思疎通において、
人が人を何で判断するのかについて
説いたものである。

視覚では、
身振り手振り、表情の
ボディーランゲージが55%。

聴覚では、
声の大きさ、抑揚で38%。

言葉そのものが7%
全部足して100%になります。

テレアポは、
電話だけで営業を
しなければいけないので、
如何に難しいという事が
わかっていただけると思う。

相手が興味なければ
電話を切ればいい。
(=通常ガチャ切り)という
営業でした。

ひたすら電話の日常

仕事内容はいたって簡単、
PCに登録してある法人名簿に
ひたすら電話。

そして、
マニュアルに書いてある
クロージングを
読み上げるだけ。

ですが、
通信系の会社って

ブラックを通り越して、
なんでもありの世界です。

この世界は、
思いっきり体育会系です。

返事は必ず
”ゾス!!!”

「です」ではなく「ゾス!」
パワハラ
アルハラ
セクハラ
なんでもありの世界だった。。

上司からの
理不尽なクレームは
当たり前。

上司「俺の携帯壊れてんだけど
どーなってんだよ!!!!」
私「スミマセン!すぐに直してきます!!」

本当理不尽。。
今思い出しても、
腹が立つことばかり。。

そんな生活を
私は過ごしていた。

人生の最後ってどうなんだろうね。
こんな生活を送っていたら、
いつか”幸せ”ってやってくるんだろうか。
みんな、こんな事を思いながら、
毎日毎日生きているんだろうね。
心に余裕がなくなると、気持ちがネガティブになっていく。。

電話でクロージングの大変さ

ひたすら電話をすれば、
契約を取れるわけもなく。
電話営業の大変さを垣間見た。

上司は
12時、15時、18時と
契約件数の途中経過を
社長に報告しなければならないので、

上司「1人必ず1件とれよ!
必達!だからな必達!!」

この業界では
“必達”という言葉をよく使った。
必達:計画や目標を必ず成しとげること。

毎月月初は
各チームで、
月目標を書く。

赤い墨汁に筆をつけ、
半紙に目標をかく。

これが格チームごとに
掲げられている。

外部の人が
社内へ入ると
怪しさ満点の社内でした。

到底会社とは思えない目標
「契約を取れないやつは◯ろす!」
「契約を取れないやつはコストだ!」
等々。

パワハラ、アルハラ、セクハラ何でもありの会社

仕事中
殴られている人も
普通にいた。

今では
大問題ではあるが
当時は
日常茶飯事の事でした。

契約が取れない社員は、
電話と手をぐるぐる巻きにして
そのままマクドナルドへ
行かせるという
罰ゲームもありました。

この世界は、
契約数が全て。
この世界では、
お金がすべて。

弱肉強食

契約が取れたものは
すぐに昇格。
逆に、契約が取れないものは
すぐに降格。

普通、社員の評価って
半年か1年じゃないですか。

この会社は、
毎月が査定である。

その為、
今月は上司であっても、
来月は部下であったりする。

毎日がサバイバル、
仲間なんていない、
足元をすくわれないように
”椅子取りゲームを制するものが勝ち”
という世界でした。

私がコストと呼ばれていた理由

なぜ
私が”コスト”と呼ばれていたかと言うと
テレアポの契約数が取れず、
給料だけ持っていくので
会社から見たら契約を取れないやつは
”コスト”と呼ばれる。

テレアポって、
ただ電話をするだけ!ってイメージですが
実際コールしてみると
まず、相手が話を聞いてくれません
相手が興味を持っていて
電話をかけるのとは違って、興味を持っていない人に
電話営業をかけていきます。

コール先は法人、
勤務中に
電話営業をしたりします。

相手が飲食業であっても
ピーク時の12時頃
普通に電話営業をかけます。

私たちの仕事は
嫌われてなんぼの
世界でした。

契約が取れるまでに電話をした回数100回

契約件数は、
100件電話して1件契約
取れればいい方でした。
(利益 1件=2,3万)

法人先への営業だったので
会社、お店、施設、公共施設等々
固定電話を持っているとこへ
ひたすら電話をかけていました。

この世界では、
お金がすべて。
お金の為に仕事をする、
そんな世界でした。

そして契約を取る為には、
なんでもする会社でした。

契約をしたら、
相手の電話が使えなくなる(回線事故)のが
わかっていても

我が身可愛さの為に、
平気で契約を交わしている人も
いました。

お客様を利用してでも、
自分の地位を維持している人も
普通にいました。

もちろん後から大クレームになるのですが
アフターケアをしたところで、
利益が生まれてないという考え方でした。

こんな人が上司になると、
会社はめちゃくちゃになりますよね。。

私は全然テレアポで
成果がでず、
(年下)上司から
詰められる(怒られる)日々。

1日8時間
ひたすら電話・・・。。

300件電話をして、
契約件数0という日が普通。

1件を取るのが、
本当に大変な日々でした。

私は中途組み、
全体で30名程同期がいたのですが

1日で1人が辞め、
1週間で5人が辞め、
1ヶ月で10人が辞めました。

正確に言うと
”辞める”ではなく”飛ぶ”。

連絡もなく
会社にこなくなります。

飛んでしまった人は
どうなるかと言うと

上司Tがもれなく
その人の家に
突撃します。

聞いた話では
上司Tが
飛んでしまった
人の家へ行き。
ドアをぶち壊したとか。。

嘘みたいな話であるが
当時の上司Tだったら
やってもおかしくない人でした。

上司Tは、
趣味でボクシングをやっていて
切れると危ない人でした。

会社内でも、
殴られている人がいて
本当にこの世界は、
今思い出しても恐ろしい。

幸い私は、
上司Tのグループではないので
殴れることはなかったが

入社して1週間もしないうちに
心は折れていた。

毎日8時間
電話を300件

テレアポで
契約を取ることは
感情を入らないこと!
という事を教えてもらった。

1件1件
電話をして、断れると
心が折れる。
感情を入れては心が折れる。

それは感情を入れているから。
何も考えずにひたすら
コールの鬼になればいいということでした。

今思えばこれは
確率論で契約がとれる、
やり方だったのかもしれない。

私が唯一心を許していた同期Hは
この会社を辞めた後
テレアポで起業をした人がいます。

(同期Hからいうと
テレアポもちゃんと戦略が術があって
確率論の戦いも確かにありますが
非効率と言っています)

1日の流れは
朝9時に朝礼が始まります。
最初にチームリーダーが
今日のノルマを話します。

そして
チームの中から1人前に出て
鬼十則を唱える

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

最後に、一人一人
社長に向かい
今日のノルマを大声で唱える!

契約を取れている人には
社長(見た目ヤクザ)は何も言わないが(目も合わせない)
契約が取れていない人には厳しい
社長「昨日も言ったよな、取れてねぇーじゃねぇーか!!」

一同「シーン。。」

毎朝喝を入れていただき
スタートするのである

そう、
ここはブラック企業である

会社には下を向きながら
無言で歩く毎日

飲みの席では
愚痴はみんな決まってこう言う
「みんな◯ねばいいのに!!」

そんな会社で
私は1年勤めることになる

コストと呼ばれた日々から
1年後、私は事業部長にまで
登りつめることになる

誰しも最初から成功者ではない
今しか見ていないからである

私がこうして起業をしているなんて、
当時20代の自分では
思いもよらなかったことである

”コスト”と呼ばれれ続けた私も
今では1社長である
生きていれば奇跡は起こるものだ。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。