演習

0からの演習やり方 20190412USDJPY

カレンダー

Forexnote:特になし
経済指標:特になし
行動:☒やる□やらない□条件が合えばやる

環境認識(9つの通貨)

通貨      800MA  高値
安値フィボナッチ評価備考
USDJPYアップアップトレンドではあるが、トレンドがない
GBPJPYアップ直近安値を超えてきたら、上目線になるかもしれない
GBPUSDダウンレンジに入っとことを疑う
EURJPYアップ
直近高値の126を超えてきた
上目線を疑う
EURUSDダウンダウンと途中かもしれない。
おそるおそる逆張りを狙ってみる
AUDJPYダウン読みづらい
AUDUSDダウン読みづらい
NZDJPYダウン読みづらい
NZDUSDダウン読みづらい

演習

全体的に9つの通貨で、
トレンドが出ていない。

その場合でも、6つの武器を使えば、
短期トレードは可能。

6つの武器:・急騰急落・ドテン・短期デイトレ・窓埋め・カウンタートレンド・スキャルピング

トレンドが出ていない時は、6つの武器で戦う。
今できる武器は”スキャルピング”ただ一つだ。

条件

時間足:15分足(✗1分足、✗5分足:多すぎて合理的な根拠が出ない。)
トレンド:ニュートラル(必ず日足を見る。)

・トレンドが出ていないで、ニュートラルな状態
・レンジが弱く、場所の情報が集まっている所との間で
推移している時

2つのインジゲーター

・ボリンジャーバンド
・MACDのダイバージェンス

何の為:値動きの反転の傾向を示す。
売り買い:ニュートラルなので両方OK

エントリーのタイミング

同じ演習をしていても、
人によって勝てる人と勝てない人がいる。

それは、どこでエントリーをすうかどうかが、
ポイントとなる。

・ボリンジャーバンドの間隔が開いて
ボリンジャーバンドの+2σのライン、または、ー2σのラインに当たり、
・MACDダイバージェンスが発生したら、反対方向にしかける。
・TP(利確)はボリンジャーバンドのミドルライン(真ん中のライン)
・SL(損切り)は直近のロウソク足の平均的な値幅で設定(5ー10pips)
方向感がある環境なら、ボリンジャーバンド反対側の2σまで引っ張る


ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。