信長コラム

紙に書いて、デジタルで描いて、頭の整理

時間をかけて、紙に書いてみる

何事もデジタルで求められる時代だけど、
ノートの大切さを忘れてはいけない。

セミナーに参加したり、動画で学びを得る時、
メモを取る。

このメモのとり方として、
アナルログだけれど、紙がいい。

デジタルだと、
10本の指で、ボタンを動かして入力。
でもこれって、
文字を打つ動きは決まっている。

紙だと、
シャープペンを持って、無限の動きをする。

つまり、
脳にとってどっちが活性化するかって話。

もちろん、
紙の方が脳が活性化している。
メモを取るだけでなく、抽象的に考えて、
転用をして、自分のアイデアを加えることが出来る。

具体、抽象、転用
抽象、汎用、多面

という感じで、
意識をしなければ何も変わらないのだけれど、
ノートを書きながら、アイデアをどんどん書きなぐるには、
PCでは時間がかかる。

脳は一日大量の事を判断しているので、
時間がかかるということは、
アイデアが閃いたとしても、
すぐに忘れてしまう。

だから、ひらめいた時はノートに書く。
決して綺麗に書く必要はない。
自分がわかればいい。

デジタルとアナログを使い分けて、
FXを考えています。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。