基礎

【意識されている場所】簡単にチャートを分析・予測を立てる9つのルール

【意識されているラインとは?】チャートで分析、予測をする上で必要なポイント

意識されているラインとは、
たくさんの人が、見ている場所です。

平行線を引いてみたり、
斜めの線を引いてみたり、
フィボナッチラインを引いてみたり。

そもそも、
なぜ意識されている場所が、
必要なのでしょうか。

それは、
たくさんの人が見ているということは、
トレードが追い風になり、勝率があがります。

人の心理→集団心理→市場心理

でも、
意識されているラインなんて、
チャートを見てもわからないですよね。

わからないから、
エントリーをして、
大切な資金を損失していまいます。

たくさんの方は「買い」を見ているのに、
自分だけ「売り」をしてしまうことは、
誰しも経験あるある。

でも、
ルールに従って、
意識されているポイントを見つければ、
トレンド方向が分析し、予測が出来るようになります。

チャートはランダムである。
しかし、
チャートは人の心理が作り出したものだ。

人の心理→集団心理→市場心理

【意識されているライン】9つのルールで簡単に確認

意識されている場所は、
9つのルールに従って、
見つけていけば簡単です。

そして、
意識されている場所は、
1つや2つだと、弱いので、
たくさんあればあるほど、
意識が強まっていきます。

①ラウンドナンバー(round number)

これは簡単です、
キリ番(きりのいい番号)ですね。

下2桁が50pips(理想)が
意識されているポイントとなります。

例:クロス円)ドル円、
110.00円、110.50円、111.00円という風に、
50pips区切り(理想)で意識をされています。

逆に、
110.30円、110.90円,111.20円というのは、
キリ番ではありますが、
意識は弱いです。

例:ドルストレート)GBPUSD
0.7150, 0.7200, 0.7250, 0.7300などは、
50pips区切り(理想)で意識をされています。

逆に、
0.7140, 0.7220, 0.7320などは、
キリ番ではありますが、
意識は弱いです。

というのも、
人の心理→集団心理→市場心理に
派生していくので、
誰が見ても、わかりやすく。
キリ番!!と言うのが意識されやすくなります。

キリ番とは切りの良い数字。
クロス円:110.00円、110.50円、111.00円
ドルストレート:0.7150, 0.7200, 0.7250, 0.7300など

②意識されているライン、ギャップ

意識されているラインとは、
過去に、キリ番(切りの良い番号)だったり、
レジスタンスライン(天井)
サポートライン(底辺)で、意識されている場所です。

人の心理→集団心理→市場心理に
派生していくので、
誰が見ても、わかりやす居場所です。

チャート分析をする際、
過去に意識されている場所は、
トレンドを予測する上で、
重要です。

①番で引いたキリ番(理想)に対し、
過去にも、引いたキリ番で、
サポートライン(天井)と
レジスタンスライン(底辺)が
意識されているかどうかです。

深く考える必要はありません。
考えれば考える程迷ってしまうので。

ろうそく足が重なっていても、
ひげだけが重なっていても、
意識されているポイントがたくさんあれば、
それは意識されている場所となります。

平行線に対し、
過去に何度もその平行線で、
サポートやレジスタンスラインに、
あたっている場所。
3つ以上がより意識されている。

③④抵抗ライン、サポートライン

抵抗ライン(レジスタンスライン)は、
平行線を引いて、何度も何度もそのラインを、
超えられない場所です。

サポートラインは、
平行線を引いて、何度も何度もそのラインを、
下がらない場所です。

抵抗ライン(レジスタンスライン)と
サポートラインをあわせて、
レジサポラインと言います。

レジスタンスラインとサポートラインの間で、
何度も何度も、↗↘↗↘↗↘壁に当たる時は、
レンジといいます。

横ばいは、
レジサポラインが確定せず、
ただ、不安定な不安定な動きをしている状態。

それに対し、レンジとは。
水平線を含む、上下に突出した、
3点以上で結ばれた図形
とルールを決めています。

レンジとは
水平線を含む、上下に突出した、
3点以上で結ばれた図形です。

3点が確定したら、
レンジ戦略・戦術で稼ぐことも可能です。

⑤斜めのライン(あまり機能しない)

斜めのラインをたくさん引く人がいますけど、
引きすぎると、わけがわからなくなります。

そして、
たくさんの人が、
同じように引いているとは限りません。

たくさんの人が見ていないということは、
意識されているラインではありませんよね。

人の心理→集団心理→市場心理

基本的には、
斜めのラインは使いません。

しかし、環境によっては
斜めのラインを引きます。

レンジの中でも、
斜めのレンジもあります。

この場合、2つの斜めの線を
引いて、レンジを確定します。

チャネルラインとは、トレンドラインと平行に、波動の反対側に線を引くことです。 トレンドラインに平行な線を追加してあります。

斜めのラインは、
基本的には使いません。

⑥マルチタイムフレームより上位足の影響をうける

短期足、長期足とありますが。
5分、15分、30分、1時間、4時間、
日足、週足、月足とありますが、
より上位足の影響を受けるという事が前提にあります。

例えば、
15分足でだけで、
トレードをやっている場合。

買いを続けたとします。
突然、この後に、
トレンドが変わり、下落を開始し始め。。。。
全戻ししてしまいました。。。

なんでや~!!
なぜなら、 
より長期足である1時間足はダウントレンドであり、 
その800MAが抵抗になったから下落を再開しただけなのです。

だから、
観ている短期足は、長期足の一部ということが前提です。

時間足の概念がわかっていないと、
トレンド方向がわかりません。

短期足ではアップトレンドですけど、
長期足はダウントレンドだとした場合。
短期足は、ダウントレンドに流れていきます。

上位足の影響をもろに受けます。
バイナリーオプションで負けている人は、
マルチタイムフレームにやられてしまっている。

【時間足の概念がわからない人は勝てない】時間足の見方を徹底分析 チャート分析をする際、時間足ってどうすればいいか、気になりますよね。 月足、週足、日足、4時間足、1時間足、30分足...

⑦移動平均線

移動平均線は、たくさんのトレーダーが見ています。
ですが、移動平均線はあくまで補助的に使います。

あくまでも、抵抗・サポートレベルという認識。 
移動平均線とキリ番が交わるポイントや。
移動平均線が密集するポイントは 、
大勢が意識している場所です。

⑧フィボナッチ数

フィボナッチを使うことによって、
たくさんのトレーダーが意識している場所を、
見つけていきます。

まずは、フィボナッチ数とは?

フィボナッチ数列は、
イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチにちなんで名づけられた数列のことです。

FXに限らずいろんなところに使われたり、見られたりします。
例えば、実用的なところでいうと、昔からこの比率は美しいとされていて、
建築やらデザインなどの分野で使われています。

自然界の現象でいうと、松ぼっくりとか貝殻の巻き方なんかが、
フィボナッチ数列になっていたりします。
はたまた、宇宙を見ると星雲の渦巻きもフィボナッチが関係していたり…。


興味がある方はこちらの動画をご覧ください。


フィボナッチ数の中でも、
”38.2と50”は強く意識されています。

トレンドが出ている時は、
大きく上がる→適度な戻り→大きく上がる→適度な戻り。

または、
大きく下がる→適度な戻り→大きく下がる→適度な戻り

というサイクルで動いています。


これが、61.8まで戻ってから
上昇になると、
トレンドが弱くなります。

また、61.8を超えてしまうと、
トレンドがなくなり、逆方向へ行くかも知れないと疑います。

フィボナッチ数は適度な戻りで使います。
特に”38.2”と”50”は強く意識されています。

⑨ピポットライン

FXではよく使われているインジゲーターです。
チャートを測るメジャーの役割。
たくさんのトレーダーが見ているので、
私達も使う必要があります。

人の心理→集団心理→市場心理

ピボットポイントは、前日(場合によっては前週や前月など)の高値・安値・終値から基本の「ピボット」という値のラインを算出し、それを用いて更にピボットの上方と下方それぞれ3つ、合計6つのラインを設定するものです。

フィボナッチは中期的な目標として意識。
ピボットは短期的な抵抗レベルという認識。

フィボナッチは、月足や収束チャートなど、
長期足で使うことをおすすめします。

ピポットは、
デイトレーダーが目標地点を意識するラインとして、
短期足で使うことをおすすめします。

長期足:フィボナッチ
短期足:ピポット

まとめ

いかがでしたでしょうか。
意識している場所がイメージできましたか。

相場は常にランダムです。
”絶対”や”必ず”と言う事はありません。

でも、
チャートを分析して、予測を立てる事は可能です。

そこには、”心理”が隠されています。
人の心理→集団心理→市場心理

トレーダーがどのように考えて、
どこを意識しているのか、
今回の9つの場所で確立を上げて、
大切な資金を稼いでいきましょう。

相場は常にランダムである。
相場は人の心理→集団心理→市場心理から成り立つ。

9つのルールで、
チャートを分析し、予測を立てていく。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。