基礎

【FXで稼ぐ為のポイント】初心者でも簡単に、1ヶ月の予算を立てる手順

FXで毎月いくら稼ぎますか?
FX初心者「稼げるだけ稼ぐ!!」

なんて答えをしていたら、
ちょっと立ち止まりましょう。

たしかに稼げるのはいいのですが、
環境が悪ければ、稼げません。

転用して説明すると、
どれだけ腕の良い釣り師でさえも、
釣り堀に魚がいなければ釣れません。
餌やルアー、腕が良くても、魚がいなければ売れません。

FXも同じなんです、
環境が悪ければ、
プロのトレーダーであっても、
稼げないんです。

1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後、3年後、6年後・・・
ずっと稼ぎ続けるには、計画が必要です。

感情的に、勢いで戦うと、
いつか溶けてなくなります。

ちゃんと未来を描いて、
じっくり、焦らず、着実に稼ぐことを狙っていきます。

【FX初心者】大失敗しない資産管理。無理せず続けられる予算の計画手順

毎月月初にやっていることなのですが、
”1ヶ月で何日トレードをする”か決めます。

重要なことは、
環境認識は、トレードをやらないために行います。

トレード回数と稼げる金額はイコールではありません。
大きく言うなら、やればやるだけマイナスになる事を意識して下さい。

大損する人の特徴として、
ポチポチ病で毎日エントリーしたくなります。

頭の中は、儲かるだろうと思っていますが、
”相場はランダムである”
ということを忘れてはいけません。

思い込みで、トレードをしている人がいますが、
”絶対上がる””必ず下がる””こんなんありえない!!”なんて事を言う人がいますが、
相場はランダムである

絶対はないし、必ずもない、
ありえないではない、ありえます。
思い込みをなくす事がとても重要です。

【手帳として使える】Forexnote経済指標カレンダー

ForexnoteというFX専用手帳があります。
こちらの手帳を、演習を行う際、必ず見ています。

100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

■為替相場歴44年の歴戦のディーラー、堀内昭利氏 監修

■書き込んで作る勝利の方程式
経済統計の発表予定をカレンダーに記載
週間カレンダーには発表予定時間も明記
主要各国の政策金利や通貨・株価指数、商品・10年債利回りなどのデータを実装
専用HPにて最新の統計結果や相場データチェックが可能

====================
頁 数:全248頁
サイズ:A5版/塩ビカバー付(2色)
定 価:2,138円(税込)
====================

私は(個人的に追記している情報です)
この手帳で経済指標を見る目的と、
・市場の取引時間
・相関図一覧表
・FXに影響を与える主な経済指標
・追い風要因一覧表
等々
手帳に必要な情報を書き込んでいます。

手帳の色は2種類。
黒と黄色

【おすすめ】カレンダーをみながら予算を立てる事の重要差

経済指標をみながら
1カ月の予定をいれていきます。
特に大きな経済指標がある時は、
やらない
と決めています。

稼ぎ続けるのに重要な事は、
やらない日を意図的に作る事。

無理して相場にはいって、
大切な資金が大損してしまうなら
やらない事がとても重要です。

□やる
□やらない
□条件があえばやる

たったこれだけです。
それぞれカレンダーに書いていきます。

5月は7回です。
(予算では7回、でも”□条件があえばやる”ならエントリーします。)

経済指標の特徴とポイント

・経済指標は、景気の動きがわかる数字データ
・経済指標は、各国機関からほぼ毎日発表される
・経済指標は、色々な種類やタイプが存在する
・経済指標は、ファンダメンタル分析に使われる
・経済指標は、動向次第でマーケットを動かす
・重要経済指標発表前後は、取引に注意!

【平均ボラティリティ】9つの通貨を分析し、計算をして数字を決める

はじめに、
9つの通貨ペアしかやりません。

その理由は
ボラティリティ(値動きの幅)が大きい通貨を選んでは行けないからです。

値動きが大きいということは、
損失も大きくなるというリスクがあります。

流動性が小さい(取引量)と、
大きな値動きで、急騰急落があります。
ここを狙っていく手法もありますが、
稼ぎ続けるには、
焦らず、じっくり、着実に!

少しづつ資産を増やしていくほうが得策です。

FXはギャンブルではない。
負ける人は急騰急落に振り回されて、
感情でロット数も決めて、
大損失を犯してしまう。


9つの通貨選びは流動性があるものを選びます。

※GBPAUDなど
取引高の少ない通貨ペアは、
参加者が少ない。
参加者が少ないということは、
ただでさえランダムな相場が、
よりランダムになるということ。

1日のボラティリティを分析、計算の仕方と目的

1日のボラティリティを計算します。
ここから統計を取ります。

1日の平均ボラティリティ

毎月予算に対して進捗を書き込んでいきます。
そして、月末に振り返ることが重要です。

予算に対して、
なぜ達成できなかったのか?
何が原因だったのか?
改善するにはどうしたらいいのか?
問題は、環境なのか?自分のマインドなのか?
等々

自分のトレードに対し、
PDCA(計画・実行・評価・改善)を行います。

まとめ

なんとなく行動をしていると、
なんとなくの結果しか返ってこない。

そうすると、
FXで稼げたとき、FXで負けたとき。
理由がわからなくなります。

理由がわからないということは、
何が原因で何が悪かったのかが分析できないので、
自己成長に繋がりません。

ポイントは、
コツコツ紙に書いたり、アウトプットをすることです。

私は日々、
このサイトに演習を行っています。

アウトプットの重要さを知っているので、
頭の中をなんとなくではなく、
ちゃんと言葉にして文字に残しています。

言葉に出来ないということは、
理解しきれていないということです。

だから、
文字に書き起こすことがとても重要です。

そして、
人間は視覚で文字を見ることによって、
記憶に残りやすくなります。

演習で文字として残しているので、
とっさの判断でエントリーはしません。
感情的になったり、その場で考えたエントリーは
失敗するリスクが高いからです。

予算を立てる意味:自己成長の為のPDCA
”必然の成功”と”偶然の成功”

・1ヶ月でエントリーする日数を決める
・1日の平均pipsを確認する
・1回のエントリーロット数を知る
・1ヶ月の目標合計利益を具体的に数字で意識する

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。