手法

【FXで稼げない人必見】エントリータイミングのコツ、おすすめの2つの情報

FX初心者
FX初心者
トレンド方向はわかるけど、エントリーのタイミングがわかりません。

そうですよね。
エントリーのタイミングってとても難しい。

エントリーが間違っていなければ、
負けることはないと言っても過言ではないです。

エントリーが早すぎてしまったがために、
逆へ流れて、損切りをして大失敗をしたことも。

しかし、
エントリーが遅すぎて、
どんどんトレンド方向へ流れていってしまって、
置いてけぼり。。。

FXであるあるですね笑
特に初心者の方は、
早めにエントリーで失敗経験多めだと思います。

エントリーのタイミングって、
結局どうしたらいいのよ?

エントリーのタイミングについて、
今回記事を書いていきます。

特に、追い風要因を確認することは
他のサイトではあまり書かれていないことなので、
自分に使えそうだったら検証をしてみてください。

【エントリーのタイミング】追い風要因、相関性からチャートを分析、予測、確認する

エントリーのタイミングの前に、
環境認識が出来ないといけません。

トレンドがアップなのか?ダウンなのか?
レンジ状態にあるのか。

環境認識が出来ていないと、
そもそもエントリーのタイミングがわかりません。

貴重な資金を溶かしてしまう人は、
感覚”でやっていたりしています。

これでは長く稼ぎ続けることは出来ません。
まずは入る場所の確認をします。
その後にエントリーのタイミングを図ります。

日々演習で行っていますが、
エントリーのタイミングは9つしかありません。
まずは、エントリーの場所を意識しましょう。

例えば、
このチャートの場合。
戦略、戦術はこうなります。
青〇がエントリーの場所という事がわかります。

①エントリーのタイミングは追い風要因の情報をチェックする

通貨の組み合わせによって、
相関している通貨ペアがあります。

例)USDJPY
USDのJPYが上がってほしい時、
・クロス円も上がっている
金は下がっている
米国債は下がっている
・日経は上がっている
・ダウは上がっている
・CADJPYは上がっている
・USDCHFは上がっている

通貨ペアと、追い風要因は
連動をしています。

USDCHF(ドルフラン):緑黄色
USDJPY(ドル円):黒白

エントリーのタイミングが来た時に、
通貨ペアの追い風チャートをチェックします。
 
USDのJPYが上がってほしい時、
・クロス円も上がっている
・金は下がっている
・米国債は下がっている
・日経は上がっている
・ダウは上がっている
・CADJPYは上がっている
・USDCHFは上がっている

他の通貨に関しては、
日々の演習に記載しています。

追い風が吹いていれば、
それだけチャンスということになります。

重要なのは、
現状どの追い風と一番連動している可能性が高いか?
それがわかれば、追い風情報が全て当てはまらなくても大丈夫です。

トレンドが強ければ、怖がらずエントリーすれば稼げる

そもそも、
エントリーのタイミングを測るのは、
トレンドの力が弱い時。

トレンドが強ければ、
追い風要因を確認しなくても、
問題ありません。

【FXなぜ負ける】初心者必見、稼ぐには演習をすれば戦略、戦術がわかる!! こんにちは、トミー信長です。FXで負けている人の特徴はなんでしょうか。 FXで負ける人 ・トレンドが方向がわからない...

② エントリーのタイミングはロウソク足でチャート分析

エントリーを測る目安として、
ロウソク足を使います。
視覚でもタイミングを測りやすいので、
確認をしましょう。

トレンド:ダウントレンド
意識されている平行線(黒い平行線)を下にブレイクしたら、
売り目線に繋がるという極目。

信頼度☆☆☆☆(4/5):実体が下に大きくブレイク

トレンドの力が強い時は、
このように大きなロウソク足と共に、
ブレイクすることがあります。

ロウソク足が長いという事は、
それだけトレンドの力が強くなっているので、
このまま継続する可能性は期待できます。

ただし、
次の足で大きな戻りがある事も要注意。
特に、経済指標などはこのパターンが多いです。

と言うのも、
本来のトレンドに対し、
経済指標の一時的な発表で動いているだけなので、
戻りやすい。

本来のトレンドの力はどうなのか?
ここに意識を置いて考えましょう。

失敗例

信頼度☆☆☆(3/5):小さく抜ける、直近のロウソク足の長さ

これはよくあるパターン。
普通の長さのローソクが、重なる状態。

可能性は半々。
むしろ、ここでもみ合いになる可能性もあるので、
早めにエントリーをすると、やきもきしてしまうので、
エントリーはしません。
※追い風要因が出ていれば入ります。

早めにエントリーをしてしまうと、
感情が持って行かれてしまいます。

「下がれ!下がれ!下がれ!!!」
「下がってくれ~~~!!」
祈りになってしまったら、根本的に駄目です。

エントリーが早すぎて、
待機時間が長ければ長いほど、
自分で作りだした無駄な不安にやられてしまいます。

「あぁ。。もうだめかな。手仕舞いしようかな。。」

長ければ長いほど、
不安との戦いになる。

失敗例

信頼度☆☆(2/5):下ヒゲだけが大きくブレイク

ブレイクはしているんだけど、
実体ではなく、ヒゲが大きくブレイクしているパターン。

このロウソクは、
最後の終わりで、戻ってきているという事は、
”買い”の力が強くなっているともとれるので、
次のパターンとしては、ブレイクはしずらい。

イメージしてほしいのが、
この画像が”30分足”だったとします。

15分足だったらどうでしょう。
イメージできますか?
イメージする事がとても重要です。

失敗例

信頼度☆(1/5):ヒゲのみ突破、実体はブレイクせず

実体は超えてないけれど、
ヒゲだけブレイクしている状態。

これは確率が非常に少ない。
初心者が一番失敗する状態。

いわゆる”だまし”と言う状態。
画像は実体がでているけど、
リアルタイムだと、
ロウソク足が確定するまでに。
上下にピストン運動を繰り返しています。

実体が確定していない時にエントリーは要注意

初心者が失敗をする場所って、
ロウソク足が確定していないのにもかかわらず、
ヒゲがラインを超えたというタイミングでエントリーをする。

そうすると、
次の瞬間、こんなチャートになって
損切をする羽目になります。

焦らず、ゆっくり、着実に!
稼ぎ続けるには、じっくりと冷静に!!

失敗例

信頼度☆☆☆☆(4/5):完全に突破した状態

意識されている平行線に対して、
実体がくっつかない状態でが確定した時。

この時の確率は非常に高いです。
その理由は心理にあります。

人の心理→集団心理→市場心理

つまり、ほとんどの人が、
これはブレイクしたと思うから、
さらに、トレンドが強くなるという事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
エントリーのタイミングは、
難しくもあり、簡単でもあります。

つまり、
自分でルールを決め、
毎回同じルールに従ってエントリーをすれば勝率があがります。

ルールがないので、
今回はAパターン。
今回はBパターン。
と言う風にエントリーすると、
データが取れなくなります。

そうすると、
何が原因なのかがわからなくなります。

わからないがわからない!

こうなったら、
我武者羅にやっても、お金が溶けてしまいますので、
一度手を止めて、冷静になりましょう。

エントリーのタイミングは、
人それぞれだと思います。

まずは、ルールにしたがって行動し、
段々やりながら自分のルールを作っていくのがいいと思います。

エントリーのタイミングは2つ
①エントリーのタイミングは追い風要因の情報をチェックする
②エントリーのタイミングはロウソク足でチャート分析

ロウソク1本が確定する。
その時の上位足と下位足はどういう動きをしているのかをイメージする。

人の心理→集団心理→市場心理
相場は常にランダムである

エントリーのタイミングに、
100%はありえません。
私たちが出来る事は、
常に確率が高い方に仕掛けるだけです。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。