基礎

【水平線の引き方】これさえあれば、誰でも簡単に引くことができるやり方。

・水平線ってどうやってひけばいいのかわからない!
・そもそも水平線ってどんな意味があるの?
・水平線引いても意味がなかった
等々

FXをやる上で、
”水平線”と言う言葉はよく出てきます。

でも、
正しい引き方がわからない!

いつも、
引いた場所が突破される><

正しい引き方とはなんだろう?
この記事は水平線についての
個人的な考え方を記事にしていきます。

最後まで読んでいただければ、
少しはもやもやが晴れるかもしれません。

水平線を引く事は子供でもできる。
ルールがなければ、線は誰でも引ける

一度固定概念をリセットして、
水平線について考えてみましょう。

水平線ってそもそもなんだろう?
何本引くのが正しいの?
水平線な何分足?何時間足で引くの?
期間はどのくらいから意識されているの?

色々な疑問があると思います。
色々考えるから悩んでしまいます。

私は
水平線を引くときにルールを設けています。
ルールがないと無数に引いてしまうからです。

水平線はただ引けば良い訳じゃない。

水平線は子供でも引けます。
マウスをぽちぽちって押したら、
何本も何本も。
確かにこれでも水平線は引けています。

水平線を引いてみました。。
思い当たる場所に何本も何本も。。。

o(`ω´ )o「わかりづらいわぁ〜〜〜〜!!!」

というわけで、
線を引いただけでは意味を持ちません。

意識されている場所に引く

水平線の引き方は、
過去に意識されているラインに引く。

これは、王道の王道パターン。
サポレジ展開されている場所に、
水平線を引きます。

過去にサポートされている場所、
過去にレジスタンスされている場所、
そこを軸に水平線を引くと、
だいぶ近づいてきましたね。

しかし、
これでも水平線は多い。

人間の頭はシンプルにしてあげないと、
目に見えるものを深く考えてしまいます。

つまり、
水平線の数が多いと、
無駄に考えてしまうのです。

1日の運動限界量の範囲で水平線を引く

意識されている場所に水平線を引くのですが、
1週間後にタッチする場所に引いてもあまり意味がありません。

相場はランダムです。

今は1週間後に当たると予測しても、
チャートの動きをみていたら、
1ヶ月後にあたるかどうか。。。
と言うこともあります。

つまり、
関係ない水平線は邪魔なので、
関係ないものは削除削除。。

で、
デイトレをやる人は、
1日で手仕舞いするので、
1日のボラティリティーの
範囲内だけ意識すればいいのです。

紫色の長方形が1日の
限界運動量(最高値ー最安値)です。

昨日の限界運動量を
今日1日に当てて、
動いてもこのくらいだろうなーと
目星をつけます。

つまり、
この中しか、
水平線は関係ないとうことです。

範囲外の水平線は
今日到達しないので、
削除削除。。

大きな時間足ほど意識されやすい。色分けで強弱を示す

小さい時間足よりも、大きな時間足の方が、
意識されやすい。

そのため、
環境認識は
・月足
・週足
・日足
・4時間足
と言う風にみていきます。

最初に、
月足をみます。
何度も何度も反発されているラインがあれば
水平線を引きます。
(基本あまり引く事はありません。)

次に、
週足をみます。
何度も何度も反発されているラインがあれば
水平線を引きます。
ただし、ルールがあります。
・今いるポジションから
上に1本、下に1本まで。
・水平線の色は紫色

次に、
日足をみます。
何度も何度も反発されているラインがあれば
水平線を引きます。
・今いるポジションから
上に1本、下に1本まで。
・水平線の色は赤色

次に、
4時間足をみます。
何度も何度も反発されているラインがあれば
水平線を引きます。
・今いるポジションから
上に3本、下に3本まで。
・水平線の色は青色

そうすることよって、
水平線の数は少なくなり、
色分けしたことによって、
水平線が硬いのかわかりやすくなります。

水平線ではなく、ゾーンで考える。
水平線はあくまで目安という考え方

水平線は、必ずしも機能するわけではありません。
意識されているラインを超えてから、
戻る場合もあります。

これは、
水平線を細い線でみていると、
破られたー!と思ってしまいますが、
水平線を太い線でみると、
まだ破られていないと見る事ができます。

左の画像は、水平線で考えています。
そうすると、青い水平線を実体が超えたから
破られた!と考えるかもしれません。

しかし、
右の画像のように、ゾーン(太い水平線)で考えます。
そうすると、紫色の水平線に対し、
実体が下回らない限り、目線は上のままです。

つまり、
過去に意識されていた線も重要なのですが、
過去に意識されていたレンジも重要です。

レンジだと、
エントリーを早めにして、
含み損が耐えられないと思うかもしれません。
その時は、
分割エントリーをするか、
ロット数を少なくしてエントリーをすれば、
何も問題はありません。

まとめ

チャートを見る上で、
シンプルが一番わかりやすい。

脳は一瞬で判断します。
規則性、方向、意識されている場所。

だから、
余計なインジゲーターや
水平線が入っていると、
難易度が難しくなってしまいます。

水平線は数本で十分。
意識されなくなったら削除をする。
1日の限界運動量に関係ない水平線はいらない。
とてもシンプルになりますね。

それだけでも、
方向性は予測しやすくなります。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。