信長コラム

【なぜ】稼げている人の手法を使っても勝てなかったのに、足し算するだけで勝てるようになる!?

FXで稼いでいる人の手法を真似する。
最初は勝てるかもしれないけれど、
だんだん勝てなくなってくる。

そうすると、
他の人の手法に目がくらみ、
また手法探しをしてしまう。

これは、
最強のインジケータを探す、
聖杯探しをしているのと同じ。

自分の能力ではなく、
相手の能力を活かして戦う手法。

しかし、
自分で自立することができず、
結局手法はあやふやな状態で終わってしまう。

短期で稼ぐことは
できるかもしれないけれど、
1年、3年、5年と
稼ぎ続けるためには、
自分で成長できる、
自己成長型である必要がある。

それは、
将来FX以外のビジネスを行う時も同じ。

自分で考える思考がないと、
限界突破はできず、
自分の器は広がらない。

自分だけのオリジナル手法までのプロセス

FXでオリジナル手法を作るために、
必要なプロセスを料理で例えてみます。

目的

料理:おいしいご飯を作ること
FX:お金を稼ぐこと

材料

料理:食材が大切、
質が悪いとまずい料理になる
FX:知識(食材)です。
その知識の質が悪ければ、
お金を稼ぐことができない。(まずい料理)

料理もオーガニックのように
質が高いものは高額です。
それは育てるまでの環境に、
時間とお金を費やしているからです。

FXの情報も同じで、
基本、無料のものよりも、
有料の情報の方が質は良い。

その情報ができるまでの、
何年もの経験や検証結果を、
短期間で吸収することができる。

作り方

料理なら、
材料を一口サイズに切り分けて、
後は、油をしいて、
炒めていきます。

最初に火が通りにくい
食材から炒めていきます。

強火なのか弱火なのか、
タイミングが重要。

FXも同様、
最初は環境認識をします。
(油をしく)
油なしで、火をつけると、
煙が出て焦げてしまいます。

そして、
エントリーのタイミングが
とても重要。

強火で炒めて、
外はこんがり、中はふっくら。
しかし、
調整が甘いと、
外はこんがりして、中は生だったりもします。

ここら辺は、
経験の差が出てきます。

FXなら、
「この時間帯から一気に伸びる」
「うーん、レンジが長いから一度手仕舞い」
等々
タイミングを料理のように、
感覚で掴んでいます。

料理の完成

最後は盛り付けして、
料理の出来上がり。

FXも同様、
最後は手仕舞いをきっちりして、
お金を稼いで終わり。

料理もFXも
毎日行なっていたら、
無意識に行動ができます。

慣れてきたら、
同時に2品以上作れるようになったり、
FXでいうなら
2通貨ペアを同時にみたり、
相関、逆相関をみながらだったり。

料理の本を読んで、
自己成長を試してみたり、
FXも同じように、
自分自信を常に磨いて、
進化をすることがとても大切です。

私の性格にあったやり方は、私自身で作り上げる

自分の手法を振り返ってみる。
スワップ戦略、
スイング、デイトレ、スキャルピングと、
一通りの経験はしてきた。

一通り経験して思うのは、
稼げる事もあれば、
稼げない事もある。

当たり前のことだけど、
ずっと勝ち続けるのは不可能である。

それは、
相場が変化するからだ。

相場が同じなら、
徹底的に落とし込めるけれど、
月ごとに変わる。
午前と午後の動きでも大きく変わったりする。

そうすると、
今まで稼げていた手法も、
臨機応変に対応する必要がある。

最近の私がやっているルーティン

午前中に
AUDJPY,AUDUSD,EURAUD,GBPAUDを
攻めています。

必ず、
シナリオを記事にUPしてから、
エントリーします。

シナリオを書かないと、
TPとSLがわからないままなので、
負ける確率が高くなるからです。

シナリオは、
1日の値動き。
当日動く範囲内で描いています。

全体図をみながら、
下位足でエントリーをします。

下位足では、
こんな感じで、反発ポイントでエントリー。

根拠もとても簡単。
最初の全体図では、
レジスタンスにあたったら、
後はダウントレンドが形成される。

そしたら、
下位足で、
高値安値切り下げてきているので、
反発ポイントで”売り”エントリー。

いきなり、
一発で大きなロットを張らず、
分割でエントリーをします。

目安は10pip~20pips
そこまでいったら手仕舞い。

逆に進んでしまった場合、
5pip~10pipsほどで損切り。

常にリスクリワードは
2以上を狙っています。

戦略をどっちでやるかは自分次第

スキャルピング気味のデイトレで、
狙う事もできますが、
全体図をみながら、
大きなpipsを取りに行く事もできます。

どっちの手法でやるかは、
その局面の優位性によります。

例えば、
大きな経済指標があったり、
何かしらで大きく動いた時などは、
読めないことがある。
または、全く動かないような時。

そんな時は、
短期で(30分ほど)で
サクッと狙いに行くことはできます。

また、
相関、逆相関の通貨ペア
絡みもあるので、
戦略を変えたりしています。


欧州時間などは、
相関、逆相関が決まる時があります。
そこを狙い撃ち

まとめ

毎日演習をUPしていて、
翌日、自分のシナリオを確認しています。

そうすると、
綺麗に決まっている時がある。

「おぉ!俺天才じゃん!」

と自惚れてしまったりもする。
しかし、
エントリーできてなければ
全く意味がない。

「お前はアナリストになりたいのかー!」

って感じで、
自分自身を叱咤している。

手法的には問題ない
ところまで来た。
あとは、
”資金管理とメンタル”

資金管理も、
シナリオでしっかり書いているので、
マインドが壊れなければ、
しっかり切ることができる。

もうちょい、
あともうちょいなんだ。

FXでお金の概念をなくせ、
世界で活動するんだ!

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。