MENU
信長コラム

【確率は50%ではない】”買い”と”売り”で確率は半分と考えていたら負けるということ。

FXには”買い”と”売り”しかない。
だから、
「勝てる確率は50%だ!」
なんて話をよく聞く。

しかし、
FXで90%は負けている。

勝ち続けているのは、
全体の10%以下である。

勝率は50%なのに、
勝てている人は全体の10%

ん〜。
なんか矛盾している。

数字のマジックについて、
アウトプットしていきます。

勝率50%でリスクリワード1:1なら負ける

FXで選択できることは
”売り”と”買い”

これだけ見ると、
50%の確率と見ることができる。

仮に、
TPを10pip
SLを10pipとする。

ロット数は毎回固定
1lot とします。

するとどうなるだろう。

勝った場合
TP10pips×1lot×1000=10000円

負けた場合
SL10pip×1lot×1000=-10000円

勝率は50%
というのが一般的だ。

バルサラの破産確立表

その考えでは、負けてしまう現実

FXをやり始めた当初は、
バルサラの破産確率表というのを
勉強した。

勝率と損益率を元に、
破産になる確率を表した表だ。

勝率50%RR1なら、
破産になる確率は50%

例)
100万で運用した場合。
1年後も損益0で100万のまま。

しかし、
勝率50%RR1でやり続けると、
50%以下になり、
100万で運用した場合、
1年後は損益マイナスで100万以下になっているはず。

その理由は、
・スプレッド幅
・手数料
が結構かかるということだ。

通貨ペアによってスプレッド幅分が結構痛い

USDJPYのように、
流動が高いものは、
”買い”と”売り”の差が少ないので、
スプレッド幅は低い。

しかし、
流動性の低い、
GBPAUDなどの通貨だと、
”買い”と”売り”の差が大きいので、
スプレット幅は大きい。

スプレッド幅が大きいと、
エントリーした時点で、
含み損を大きく抱えた状態でスタート

「あれーまだボラが動いてないのに、
なんでこんなマイナスなんだ〜!」

なんて事を最初の頃は
思っていました。

例えば、
スプレッド差が2.2pipsあるとしたら、
エントリーして-2.2pipsからの
スタートとなるわけで。

建値(±0)になるまで、
2.2pips分はボランティアのように、
業者にくれてあげないといけない。

結構これがネック。

そうなると、
”SLを-10pipsで設定”と仮定すると
次のどちらかになる。

①SLまで10pips-スプレッド差2.2pips=7.8pipsしかない。

RR(リスクリワード)を1とした場合
TP10pips
SL7.8になるわけだから
勝率が下がる。

②SLまで10pipsにした場合
RR(リスクリワード)を1とした場合
TP10pips
SL10pips
だけど、負けた場合
-スプレッド手数料がかかるので、
リスクリワードが下がる。

つまり、
手数料をいれたとしても、
勝率は下がる。

手数料を無視してやったとしても、
リスクリワードは下がる。

だから、
勝率は50%ではない。

それを知るだけで、
「半々の確率でなんでこんなに負けるんだろう??」
と悩むことはなくなる。

それでも稼ぐためにはどうすればいいか

話すことでもないけれど、
それでも稼ぎ続けるには、
先ほどと逆の発想になります。

①勝率をあげる。
勝率を(だいたい)60%以上にして、
RRを1にする。

②RRをあげる。
勝率を50%にして
RRを(だいたい)1.2以上にする。
になります。

1周して、
「知っているよ!」

と言う事かもしれませんが、
勝率50%、RR1では
1年後には残高が減ると言う事実を
意識しているのとしていないのでは、
考え方が変わります。

エントリーする時も、
RRを1ではなく、1.2を狙う。
そうすることによって、
”待つ”ことができるようになったり、
”見逃す”と言う選択も意識することが、
より強くなります。

まとめ

マインドマインドと言うけれど、
エントリーした時点で
手数料分マイナススタートになる。
ここが結構ダメージが大きい。

例えば
20分後に±2.2pips動いたとします。

スプレッド幅が2.2pipsだとすると、
エントリー方向に動いた場合、
損益が0になる。
=ここで初めて0円になる

逆に
エントリー方向と逆に動いた場合、
損益が−4,400円になる
=スプレッド差がなければ−2,200円

時間軸で考えても、
勝っていた場合
「20分も待ってたのに±0かよ、
動きないから手仕舞いしよー」
となる。

負けている場合
「20分も待ってたら
-4,400円になってしまった!」
もっと早く損切りすればよかった。
と言うことになる。

どの道、後悔をする。
私たちが稼いだお金は
FX業者に貢いでいるようなもの。

なんのために
神経をすり減らしてやっているのだか。。

しかしながら、
それでもFXは最強である。

”FX業者のおかげで
儲けさせてもらっている”と言う風に
マインドを変えることができれば、
お互いWinWinの関係になる。

そうなるには、
それ以上にpipsも取れて
稼げていないといけない。

つまり、
裁量トレードの実力があれば、
関係ないというお話。

ただ、
スプレッド分
マイナススタートというだけで、
マインドはやられるので、
意識しているだけで焦ることが少なくなります。

収支を見ないで、
pipsだけしか表示しないやり方はおすすめです。

そうすれば、
LOTが大きくなっても、
収支でビビることもなくなります。

ロット数が多くなればなるほど、
エントリーした段階で
-○万円と言う状態になると
メンタルにきます。。

なので、
FX業者も総合的にいいものを
見直してみるのも一つです。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。