勝つ為

【相関・逆相関】相関を知れば、トレンドがわかる

FXをエントリーする上で、
意識している事の一つ
”相関と逆相関”
についてアウトプットします。

少し複雑だけど、慣れてしまえば感覚で分かる

短期デイトレを行う時、
相関と逆相関を意識している。

と言うのも、
私が学んでいる、及川圭哉さんの
手法の一つが相関だ。

詳しくは、こちらの本に記載しています。

よく言えば、
この相関がわかれば、
1回のエントリーで20分以内で
トレードが終わる。

しかし、
頭を柔らかくして、
パズルのように、
相関図を作るスキルが必要だ。

USDJPYが上昇
EURGBPが上昇
という事は、
 
EURJPYを買い、
または、
GBPUSDを売り。
を基本ベースに考える。

①上記はEURGBPのチャート。(すべて5分チャート)
現状下降トレンド
という事は、
EURが弱いのか、GBPが強いか。

②上記はEURJPYとEURUSD。
現状レンジと言う感じ。
よって、
①のEURGPBは
EURが弱いから下降しているのではなく、
GBPが強いから下降していると疑う。

③上記は、
GBPJPYとGBPUSD。
両方とも上昇しています。

という事は、
①のEURGBPが下降しているのは、
GBPシリーズが上昇しているからと
確証できました。

ここまでで、
EURを売りではなく、
GBPを買いを選択します。

④次に、USDJPYを見ます。
レンジとも見れますが、
これから下降よりであると疑う。

そうすると、
USDJPYが下降するという事は、
USDが弱い、JPYが強いという事。

⑤最後にまとめます。
先ほど③でGBPJPYかGBPUSDを買いを
選択しました。

USDJPYが弱いのなら、
GBP上昇USD上昇の
GBPUSD買いが一番良い通貨になります。

結構パズルを組み立てるのは、
最初は大変だけど、
慣れてくると、
トレンドの初動から入れるようになります。

ブレイクするかを見極める

相関を見ると、
レンジブレイクをするかどうかの
目安にもなります。

上記の画像は、
左上:GBPAUD
左下:GBPJPY
右上:GBPUSD
右下:EURGBP
になります。

水平線のサポートラインをブレイク!?

GBPAUDの画像を見てください。
赤い縦ラインの1つ左のロウソク足が
したにブレイクするかどうかの極目。

その時に、確認するのが、
GBPが今強いか弱いかを知る。

同じ画像を張ります。

縦の赤い線は、全て同じ時間に引いています。
GBPAUDが下にブレイクするには。

<理想><現実>
GBPAUD:弱
GBPJPY:弱
GBPUSD:弱
EURGBP:強
GBPAUD:弱
GBPJPY:強
GBPUSD:強
EURGBP:弱

という事で、
GBPの力は強かったので、
GBPAUDは下にブレイクできなかったと
疑うことが出来ます。

もっと確認をするなら、
GBPAUDが下降をしたい時は、
AUDJPYとAUDUSDが上昇していると、
より力が発揮されます。
これが相関の力にになります。

まとめ

相関を意識してもしなくても、
稼げることは可能だと思う。

実際に、テクニカル分析だけで、
勝てているのも確かだ。

でも、テクニカル分析は
今月は効いていたけど、
来月は効きずらい。
という事もあります。

テクニカル分析は、
私たちトレーダーの心理が
背景にあります。

でも、
相関は、通貨の強弱になります。
リアルのチャートをみるのなら、
通貨の強弱が、より確率が高いのではないかと、思います。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。