MENU
【実践】ジモンファミリーメンバー

【ジモンファミリー3期】2期生の私が本音でレビュー(規律)

ネットで「FX稼ぐ」と
検索すれば、
たくさん情報商材や
スクールが出てくる。

残念ながら、
プレイヤーではなく、
教える事を稼ぎとしている輩も多い。

だからこそ、
決して安くない入会金を
払うのだから、
慎重に選んで欲しいと願う。

入会を誤った時点で、
その先全力で崖に向かうこともある。

講師が重要。
講師選びを間違うと、
成果がでないだけではなく、
間違った知識と経験を学んで、
遠回りな結果を産むだろう。

私は、
ジモンファミリーの2期生である。

より良い
スクールになるよう願って、
本音でレビューを書いていきます。

3期募集も始まるかもしれないので、
検討している方に、
少しでも伝えられたらと願います。

入学して満足と思ったら、稼ぐ事はできない

学生時代を思い出して欲しい。
希望の高校や大学に入学するのは、
とても苦労をした。

学校を卒業後も
入社するのに難関を突破して、
希望の会社に勤めることができた。
入学した時点で満足を
してしまうことが多い。

入ってから。
「面白くない」
「思っていたのと違う」
「こんなんじゃなかった」
という経験はあるあるだろう。

FXスクールも同じ。
入学だけして、
満足をしてしまう人が多い。

「あとはサポートしてくれる」
こう思っていたら、結果が出るわけがない。

エスカレーター式に、
稼げる様になるなんて、
甘い考えは捨てた方が良い。

最初はみんなわかっている。
わかっているんだけど、
私生活の中で、
最初の気持ちはどんどん下がっていく。

稼げなかったりすると。
「言われた通りやったけど稼げない」
「講師が悪い」
「説明が下手くそ」
等々、
他人のせいにする。

その方が、
「辞める理由を正当化出来る」
からだ。

頭ではわかっている。
しかし、
経験をしていくと、
何度も壁にぶち当たる。
心に余裕がなくなった時、
その気持ちが溢れてしまう。

そうならないように、
入学する前に、
本気で稼ぐには
強靭な覚悟が必要だ。

失敗しないスクール選び6点

入学を安易に決めてはいけない。
安易に決めると、
続ける理由が薄いからだ。

1番の難関が、
3ヶ月のスクールで、
3ヶ月間学び続けることが
出来ないのが現状。

半分以上が、
途中でフェードアウトしてしまう。

FX以前の問題だけど、
最初と最後がとても重要だけど、
3ヶ月間続けられるかどうかを、
考えて欲しい。

次の6点を、
明確に答えられれば、
入学する判断基準になる。

①時間が確保出来る

FXで、
最低でも1日3時間は
相場と向き合う時間を確保する。

できれば、
同じ時間帯を3ヶ月向き合う事。

そうすることによって、
通貨ペアの癖がわかるようになる。

3ヶ月毎日行うのはとても難しい。
会社員なら尚更、
自分の貴重な時間を
捧げる覚悟はあるのか。

TVを見ている時間なんてない。
オンラインゲームは辞める。
飲み会に誘われても断る。
SNSなんて関係ないのは見ない。

今の時代、誘惑が多い。
だからこそ、
「気付いたらこんな時間だった」
とならないように、
自分の時間を作る事。

これが出来なければ、
今はタイミングではない。

②FXをやる理由

FXの目的は”お金を稼ぐ”と、
答える人がほとんどだろう。

もう一歩踏み込んで、
質問をします。

Q:1億あったら何使いますか?

これが具体的に答えられるかが、
ポイントだ。

一度はこんな質問をされたことが、
あるのではないでしょうか。

「100万あったら何使う?」

この質問に対し、
「貯金」と答える人は、
FXでは稼げないだろう。

結局、
”お金”に支配されている常識では、
視野が狭い。
札束と新聞紙の束は同じもの。

お金に価値はない、
信用があるから
お金がなりたっているだけ。

雪山で遭難をしていた時、
札束と温かい食事があったら、
どちらを選びますか。
生きるためには、
温かい食事を選ぶでしょう。

話は戻りますが、
FXをやる理由が「稼ぎたい」
だけになってしまうと、
稼げなくなった時に、
他のビジネスに流されます。

お金稼ぐ方法はFXだけではない。

だから、
FXを辞める理由も簡単。
「儲からないから」だ。

しっかり考えて欲しい。
FXじゃなければ行けない理由を。

そして、
FXで稼げる様になったら、
「何に使うか」

お金はあくまでツールである。
その先に自分が叶えたい夢がある。」

この答えは、誰も教えてくれない。
答えは自分自身にある。
だからこそ、
自分次第を掘り下げて、
野心を浮き彫りにし、
FXの先にあるビジョンを掲げる必要がある。

【本気のFX】日々の習慣、週末のルーティン ジモンファミリーで、グループワーク1位を取得しました。 そこから、インタビューの撮影だったり、TwitterでDMをいた...

③他のスクールとの差別化

FXスクールは山の様にある
だからこそ、
自分にあった、スクール選びは
とても重要だ。

・カリキュラムはどうなのか
・期間はどれくらいか
・講師の経験や実績
・入会金と内容は妥当性か
・講師のビジョンが共有できるか
・感性が同じか
・質問に対して答えられるのか
等々

自分の性格と、
スクールの環境があわなけば、
やらない方がいい。

講師を疑ってかかった時点で、
講師が何を言っても、
すべて疑ってかかってしまい、
成長の妨げになってしまうからだ。

自己成長を最大限引き伸ばすには、
洗脳されるくらいに、
一語一句を吸収する。
だから成長が早い。

間違った講師を選ぶと、
たらい回しになり、
時間とお金の無駄になる。

④必要証拠金

どのビジネスでも一緒だけど、
自分の資金を確認する必要がある。

「借金を抱えている」
「お金はないけど稼ぎたい」

FXはお金でお金を生み出すビジネス。
資金がないという事は、
スタートラインに立てない。

1発逆転を狙うのであれば、
それはギャンブルである。

自己責任でやる人もいるけれど、
相当な覚悟が必要だ。

「楽して儲かる」

という言葉を鵜呑みにすると、
継続して稼ぐ事は不可能だ。

お金がなければ、
まずは最低限の資金をためる事。

それか、
損をしても時間だけで済む様な、
ビジネスモデルを選ぶ事。

一般的には余剰金で、
トレードは行うと言われている。

絶対に勝てる保証は
どこにもないからだ。

しかし、
証拠金1万円から100万を
達成した人もいる。

FXではレバレッジを、
最大限かけることができるので、
実現可能ではある。
ただし、資金管理は必須だ。

⑤自己責任を受け入れる

メンタルの部分になりますが、
FXをやる前に、
”全ては自己責任”である事を、
認める必要があります。

これは、
何度も何度も、
壊れる誘惑があります。

スクールに入って、
FXで稼げなかった時、
講師のせいにしたり。

SNSを見て、
その人のシナリオ通りに、
エントリーをして負け。
その人のせいにしたり。

自分の失敗を、
認める事が出来ない事が、
本当によくあります。

それもそのはず、
日本の教育は、
”失敗をしてはいけない”
”怒られる””評価が下がる”
という文化で育ってきたのが、
根本的にあります。

テストで悪い点を取れば、
親に怒られる。
学校の先生に怒られる。

部活で失敗をすれば、
先輩に怒られる。
顧問の先生に怒られる。

会社でミスをすれば、
上司に怒られる。
お客様から怒られる。

この環境で育った私たちは、
”責任感が強い”のです。

失敗をしたら・・・
そもそも失敗をしてはいけない。

失敗をしたら、
尻拭いを自分でしなければいけない。

会社員の時に上司から言われました。
上司「契約取ってくるまで帰ってくんな!!」

学生時代、
サッカー部の私は、
私のミスで、試合に負けました。
先輩「お前のせいで負けたからな」

過去の経験から、
”失敗”は悪い事という常識にさせられました。

だから、
言い訳を考える術を身に着けました。
それが生きる術だった。

その常識が、
FXで負けた時は、
自分を認める事が出来ません。

「俺のせいじゃない、
教えられた通りやって出来なかった。」
「負けた分、取り返せばチャラになる。
倍で勝てたら勝ちになる」

自己責任というのは、
頭で分かっても、
逃げ道を作っています。

全ては自己責任の元。
それが完璧に出来る人は、
神の領域だとは思いますが、
理解しているだけで、
トレードも変わります。

⑥日々の積み重ね

泥くさい作業が必要です。
これは主観ですが、
どのビジネスにおいても、
長期で稼ぎ続けるには、
土台が必要です。
いわば基礎固め。

建設もそうですが、
土台がしっかりしなければ、
天災で崩れ落ちる。

ビジネスも一緒で、
基礎固めが出来ていないと、
トラブルに対しても、
立ち回りが出来ません。

常に講師に依存して、
言われた通りうまくいったとしても、
講師が崩れた時、
一緒に崩れていきます。

腹にくくった一本の槍を携え、
強い信念を秘めろ!

と私の魂の叫びです。

話は戻りますが、
日々の積み重ねは、
・チャートを毎日見る
・チャートのシナリオを書く
・アウトプットをする
・自分自身と向き合う
・日誌を書く
・ありがとうを10回以上言う
・1日を振り返る
・掃除をする
等々

俯瞰レベルをあげると、
FX意外の事が実は、
FXに繋がっている
という事があります。

後半の
・アウトプットをする
・自分自身と向き合う
・日誌を書く
・ありがとうを10回以上言う
・1日を振り返る
・掃除をする
という項目ですが、
これはFXのメンタルにあたります。

アウトプットするという事は、
自分が負けたトレードを
SNSでUPをしたり、
弱音を吐いたりします。

最初は、
「こんなこと書いたら。。。」
と言う気持ちですが、
実際やってみると、
読者「あーすごくわかります!」
と言う感じで、
共感してくれる事が多い。

つまり、
「あぁー失敗してもいいんだ。」
失敗を受け入れる事が出来ます。

そうすると、
一人で抱えてたストレスが、
アウトプットすることで、
解消されます。
故に心に余裕ができ、
自然と笑顔になり、
幸せオーラが出てきて、
周りから話しかけられやすくなります。

他の項目も同様、
私生活がうまく行かなければ、
トレードがうまくいかない。
という事です。

まとめ

ジモンファミリーの内部について、
書こうと思いましたが、
スクール選びの概要になってしまいました。。

次回の記事で、
ジモンファミリーの、
内部について、
掘り下げていきたいと思います。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。