信長コラム

信長のつぶやき。。

FT4を回し続けて、
脳が疲れたからアウトプット。

自由に書きます。

FT4を回し続けた結果

プロップが始まるって言うのに。
軸がぶれた。。。

意識は高い!
高いけれども、
頑張った分だけ結果が出ない。

それが他のビジネスと違って、
トレードは難しい所だ。

FT4検証を
朝からずっと回してて・・・。

疲れたわー(+_+)

脳を休憩させるために、
アウトプット。

うーん。
最初は倍速でやっていた、
結果は2倍になったり、半分になったり。

裁量でやってたから、
勝てる時は勝てるけど、
負ける時のドローダウンが半端ない。

それに、練習ってことだから、
証拠金の10%で回しまくり。
なんか違うな。。

それで、
リアルと同じように、
最初シナリオ書いて、
ゆっくり回してみた。
でも、気持ち倍速。
1日チャンスポイントで3トレ位。

最初は、
水平線、トレンドライン(斜め線)、
フィボナッチ使っていた。

50分回して、10分休憩。
って感じで、やり続けた。

脳がパンパンになって、
勝率が悪くなる。
連続してやり続けると、
判断能力が鈍る。

でも、
1つ大きな気づきがあった。

毎回毎回、線を引いていたら、
引かなくても、線が見えるようになった。

あーこれ、
ゴルフのあれと一緒だ。

ラインが見えるようになった。
(気がするw)

未来は見えないけど、
予測する事は出来る。

可能な限り、
極限まで予測する。
ここにフォーカスする。

将棋の世界でも、
先を予測して、シナリオを作る。

そうそう、
羽生さんの本を読んで
面白い事が書いてあった。

羽生さんほどのプロ棋士でも、
試合中に3手先までしか考えない。

それ以上考えても、
答えは最初に感じた、
直感になるようだ。

じゃーその直感とは何か?

直感とは、
今までの経験から培ってきたもの。
と言っていた。

また、
長時間考えて打った手は、
うまく行かないそうだ。

つまり、
どれだけ考えても、
最初に感じた直感が勝る。

直感7割。

将棋の世界でも、
どれだけマニュアルを落とし込んでも、
称号を手に入れる事は出来ない。
プロの世界。

なので、
FXもシンプルに考えてみた。

シナリオを考えて、
駄目だったらもう一度、
シナリオを考える。

駄目なら損切り。
無茶なトレードをしない限りは、
資金は減らない。

また、
数学のノーベル賞をとった先生曰く、
図形に補助線を描かないと計算できない。
という一文があった。

これもFXで考えると、
チャートを見ててもわからない。

補助線を入れてみると、
見えてくる。
同じかなと思った。

どう、補助線を入れるかが
重要だけど、
それも直感(経験)なのかしら。。

よし、
また作業に戻ります。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。