信長コラム

1回の最大損失、1日の最大損失は全て正解

トレードでは、
”資金管理が大切”と、
呼ばれている。

では、
・1回の損失はいくらか?
・証拠金の何%か?

一般的には、
3%と呼ばれているが、
果たしてこれは正なのか?

今回は、
数字に対しての、
自分の考えをアウトプットします。

要因が足りない

何事にも言えるが、
物事を考える時には、
背景が必要。

ただ、
言われたことだけが、
絶対だと思い込むことが、
1番の悪です。

何事も、
疑ってかかる。

大きな丸の中に、
今の丸があるイメージ。

証拠金に対して、
何%がいいのか。

この答えについては、
全てが答えだと思う。

この問いにないのは、
抽象的:時間
具体的:いつまでに稼ぐ
が抜けているからだ。

パターン①

いつか稼げる様になればいい。
こういう人は、
1万の証拠金で、1%のリスクでやればいい。
負け:1000円
勝ち:1000円

月10回エントリーすれば、
1万稼げるとする。

月:1万
3ヶ月後:3万
6ヶ月後:5万
1年後:12万
というふうに、
着実に運用はいく。

しかし、
1年後に、100万を目指している人なら、
全然満足できない計画になる。

パターン②

1年後に100万稼ぐ。
こういう人は、
100万の証拠金で、1%のリスクでやればいい。
負け:1万円
勝ち:1万円

月10回エントリーすれば、
10万稼げるとする。

月:10万
3ヶ月後:30万
6ヶ月後:60万
1年後:120万
というふうに、
着実に運用はいく。

パターン③

1年後に100万稼ぐ。
でも、今証拠金がない人はどうすればいいか?

1万の証拠金で100%のリスクでやればいい。
負け:1万円
勝ち:1万円

月10回エントリーすれば、
10万稼げるとする。

月:10万
3ヶ月後:30万
6ヶ月後:60万
1年後:120万
というふうになる。

結論

どのパターンでも、
結果として稼ぐことはできる。
問題は、
抽象:資金と時間
具体:自分の証拠金といつまでに稼ぎたいのか
次第でプランはたくさんできるのである。

証拠金100万あって、
リスク3%背負ってやるなら、
証拠金1万だけ入れて、
リスク100%を100回やった方が、
間違いなく良い。

なぜならば、
勝率は100%が最大
でも、
RRは青天井である。
↑ここをよーく考えて欲しい。

他のビジネスと比べて、
FXが最高に素晴らしいのは
”レバレッジ”だ。

物販で1万の資金で、
初月100万稼ぐことは、
まずできない。

下記の問が答えられる人は、
FXの優位性を知っている人だと思う。

・証拠金1万で何ロット最大ではれるか?
・証拠金1万でやるならどこのFX証券がいいのか?
・証拠金1万でやるならどの通貨がいいのか?
・証拠金1万でやるなら、どの時間帯でやるのがいいか?
・証拠金1万でやるなら、SLはどこにおくのか?
等々

フルレバでやるには、
フルレバステージの手法がある。

ルールを理解し、
最大にレバレッジを活かせば、
最短で稼ぐ事は可能だ。

1日の最大損失はいくらか?

1日の最大損失はいくらか?
これも証拠金によって、
答えはさまざまであるが、
自分なりの思いをアウトプット。

1日の最大損失は3連敗

角度を変えて、
証拠金の何%ではなく、
3連敗という答えで考えます。

1万の証拠金、
100%フルレバで行うと、
負け:1万
勝ち:1万
だとします。

よって、
1日の最大損失、
3連敗は−3万とします。

では本題です。
3連敗する確率ってどうなのか?

バルサラの破産確率ってあるけど、
今回は、ざっくり簡易的に決めます。

「バルサラのほうそく」の画像検索結果

シンプルに、
わかりやすかったので、
こちらのサイトから考えます。

3連敗の確率を考える。
勝率50%なら12.5%の確率
勝率30%でも34.3%の確率

背景を考えなければいけない。
・RR(リスクリワード)は1:1
・スプレッド分を入れる
・手数料を入れる

ざっくりだけど、
3連敗になることなんて、
そうそうない。

でも、FXではそれが、
普通に起こりうる。

なんでだろう?
それを考えてみた。

感覚トレードが連敗をうむ

3連敗というのは、
簡易ではあるが、
確率で考えると、
あまり起こり得ない。

連敗をよくする人はどういう人だろう?
・トレンド継続に気づけていない
・間を置いていない
・固執しすぎてしまう
・負けを認められない

今回は、
”トレンド継続に気づけていない”
について考える。

例えば、
下記のシナリオで考える。

目線は下。
戻り売りを狙う
・フィボナッチ61.8%
・意識される水平線
・MA
等々
根拠は複数あるとする。

紫色のゾーンで、
”売り”に入りました。

しかし、
アップトレンド継続で、
損切りをしました。(1回目の負け)

2回目、
また戻ってきました。
もう一度”売り”をしかける。

しかし、実際はレンジ中で、
しばかれる(2連敗)

3回目のエントリーは
(もう見えなくなっている、
意地になっている)

・意識されている水平線
・フィボ100%戻し

なので、
”売り”でエントリー

結果は、アップトレンド継続で
3連敗。

つまり、
逆張りで入る人は、
トレンドが継続しているのに気づかないと、
ずっと負け続ける図式になる。

勝率が50%の人でも、
負ける確率はあがる。

どっちの方がいいの?

シナリオについて考えてみた。
①さきほどのように、
1つのシナリオに対し、
チャンスがあれば都度入る。

②1シナリオ1回までとする。

これ、
どっちのほうがいいのだろう?

①の場合、
メンタルがやられる人は、
連敗をしやすい。
・シナリオが崩れているのに気づかない
・負けを認めたくない
・優位性がなくなっている

しかし、
②の場合だと、
1シナリオ1回なので、
基本的には勝率50%の1回勝負。
故に3連敗という事は、
3回シナリオを作って3回負けることになる。
これはなかなかない。

別の角度で考える。
<エントリー回数>
①の場合、3回損切りして
最後の1回で勝てた。

②の場合、1回損切りして
2回目で勝った。

①:1/4=25%の勝率
②:1/2=50%の勝率
になる。

つまり、
②のやり方だと、
エントリー回数は少ない。

①の場合だと、
エントリー回数は増える。

<問題>
1つのシナリオで
何度も入ると勝率はあがるのか?
1回目:50%
2回目:75%
3回目:90%
これならわかる。

しかし、
1回目:50%
2回目:50%
3回目:50%
なら、
固執する必要はない。

別の角度で考える。
回数を重ねるとRRはよくなるのか?
1回目:RR1:1
2回目:RR1:2
3回目:RR1:3
これならわかる。

しかし、
RRを1:1でやるのなら、
この考えは当てはまらない。

まとめ

1つのシナリオをやり続ける理由が
答えられないのなら、
1つのシナリオで
1エントリーにした方が良い。

マインドでやられる人は、
1つのシナリオを何度もエントリーする。

1つのシナリオで1エントリーなら、
3連敗なんてそうそうあるわけではない。
(根拠は数字から考える。)

マインドは、
1つのシナリオに
固執してしまうことに
あるのかもしれない。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

POSTED COMMENT

  1. ko_hei より:

    とても勉強になる記事でした!
    ありがとうございます

  2. トミー信長(Tommy Nobunaga) より:

    ko_heiさん
    ありがとうございます。
    日々思ったことをアウトプットして、
    自分の軸を作り、
    結果を出していきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。