信長コラム

FXが面白くない時に考える3つの方法③

boy sitting on bench while holding a book

私はFXを始める前って、
まったく興味を持っていなかった。

年配の方が、
眼鏡をかけて、
電気もつけないで、
むさ苦しい部屋で、
もくもくとPCの電波を浴びて、
孤独にトレードをしているイメージだった。

それに、
チャートって、
何が面白いんだろうと思っていた。

ろうそくが
上に行ったりしたに行ったり。
これ、
どこが面白いんですか?

そんな印象でした。

でも、
いろいろな仕事をしてきて、
これ以上の可能性がある、
ビジネスモデルはないと思った。

つまらない仕事でも。
稼げるなら。。。

そんな気持ちだった。

稼いでやりたい事を、
実現しよう。

それに、
”時間”と”場所”の自由が
手に入るのも魅力的。

私は1人で海外旅行が好き。
FXなら、
海外でもネット環境でがあれば、
場所にとらわれず仕事ができる。

”お金””時間”が手に入るビジネスは。
FXしかないと決めた。

やるしかないと決めたら、
どうしたら面白くさせるかに
シフトした。

どのビジネスでもそうだけど、
つまらない→面白い
に変えることはできる。

つまらないのは、
過去の経験やイメージから
〇〇だろうという
脳の思い込み。

だったら、
脳をだましてしまえばいい。

FXを自分の好きな世界観で
自分色に染めてやればいいんだと、
考えた。

というわけで、
前回は
①FXしかないという選択肢にすること
②結果が出なくても、成長過程であること
という話をしました。

FXが面白くない時に考える3つの方法① 先日こんな事を言われました。「FXが面白くない、やっているのが辛い」 FXをやるのが苦痛になる。いやいややるのでは、結果...
FXが面白くない時に考える3つの方法② 前回に続き、「FXはおもしくない」という悩みに対しての。 自分の考えをアウトプットします。 https://nob...

3つ目は、
FXを転用して考える。
についてアウトプットします。

〇〇で例えると

white box on white table

私は学校が嫌いでした。
中学時代、学校の先生に聞きました。
私「なんで勉強しなきゃいけないんですか?」
先生「大きくなって困らないようにだよ」

私「どんなふうに困るんですか」
先生「いい仕事についてお金稼がないと」

と、
こんな会話をしました。

ただでさえ、
勉強って好きじゃなかった。

やりたいから勉強しているわけじゃない。
やらないといけないから勉強をしていた。

うちは3兄弟なので、
親からは
「頼むから公立へ通ってよー」
(学費が安いから)

というわけで、
目的は親を困らせないため。

それだけで、
勉強はそれなりにやってきた。

しかし、
当時は面白くなかったな。。

話を戻します。

私はFXが好きじゃない。
でも、やる目的はある。

自分の脳を騙す。
”楽しい”と思わせれば、
モチベーション高く、
吸収力があがる。

で、
一言でいうと、
”自分の世界観にFXを転用する”
になる。

私の世界観は
・アニメ
・映画
・ゲーム
・スポーツ
・旅行
などが知識と経験があるので、
話ができる。(その分野の世界観がわかる

なので、
FXを転用して、
わかりやすく、
情報と感情から記憶することにした。

ゲームで例える

ゲームの世界観で、
FXに例えてみた。

スプラトゥーンが大好きで、
一日中やって、
中毒になった時もある。

FXを本気でやるために、
今はswitchを売ってしまったが、
ゲームは本当に大好き。

【多面、転用、俯瞰】FXをスプラトゥーン思考でイメージ FXの勉強を毎日やっているのに勝てない!「もぉー何が悪いのかわからん!」「やっぱ、俺はむいてないのかなぁ。。」「他の商材の方が...

スポーツで例える

people watching live NBA game

FXをスポーツで例えると、
一番近いのは、バスケかなと思った。

FXは100%で勝ち続けるというのは
損切をしない限りはあり得ない。

つまり、
トータルでお金が残ればいい。

そう考えると、
バスケのスコアに似ていると思う。

100:0の試合は稀である。
64:24とか。
59:41のような
僅差で勝ち
というような感じ。

つまり、
着実に点を取って、
守りで1点でもポイントを、
取らせないように、
ゴールを死守する。

損切りをして、利確をして、
トータル利益が残ってたら勝ち。

ボールを持ったときは、
仲間がどこにいるのか
(環境認識)把握して、
どのようなコースで、
シュートを打つかを決める。
(シナリオ)

3ポイントは点が高いけど、
失敗のリスクがある。
(リスクリワードやLOT数)

着実に1点をとるのなら、
守りをしっかり防ぐ。
(勝率重視の攻め方)

ゴールを打つまでに、
相手のブロックを交わしながら、
パスを出すのか、強引に攻めるのか
(エントリー)
反射的に体で覚えて行動する
(経験から上がるか下がるかわかる)

そして、
バスケはおなじみの。

世紀の名セリフ「諦めたらそこで試合終了だよ」の裏の意味|MAX/神 ...

FXもまさしく一緒。
諦めたら億越えにはなれない。

あの時の感動を思い出しながら、
FXをやり続ける。

「戦国時代で例えてみる」

1600年の関ヶ原の戦い。
東軍:徳川家康
西軍:石田三成

石田三成は総勢10万
徳川家康は総勢7万。

FXでも、
東軍:買い
西軍:売り
どっちの方が優位か。

関ヶ原の戦いでは、
西軍は戦場にいるにもかかわらず、
様子見で戦に参戦せず、
寝返ったものまでもいる。

FXも一緒で
エントリーしたにもかかわらず、
損切りして、ドテンする人もいる。

それ以上に、
エントリーせず、静観して
どっちの味方になろうか考えている人がいる。

結果として、
東軍が勝つ(買いの勝利)

的な感じ。

<ライフル銃で、的を射る>

週足、日足は、
肉眼で的を見る感じ。

100M先の目標に対して、
肉眼で見ると、
”的”以外のものが目に入り、
弾道も定まらない。

でも、方向はわかる。
こっちの方向に的があるんだな。

実際に弾を発射(エントリー)
する時は、
より、拡大してみたいといけない。

なので、
”スコープ”を使う。

これで的が大きく見えてきた。(5分足とか)
それに、照準(インジゲーター)がついているので、
真ん中にセット。

あとは、
的が動いているので、
打つタイミング(エントリー)を待つ。

風がどのくらい吹いているのか
(相関、逆相関、時間帯)
的が立ち止まる瞬間を待つ。
(エントリーポイントをギリギリまでひきつける)

そしてファイヤ~~~~!!!!

man in green sweater holding black rifle

まとめ

周りから見たら、
くだらないと思うようなことでもいい。

自分が楽しめれば、
それは楽しいことだ。

どうせやるなら、
楽しくやりたいじゃない?

学生時代の勉強法に、
似ていると思う。

暗記は、
紙に書いて覚えるのか。
目で見て覚えるのか。
耳で覚えるのか。

人はそれぞれ、
特異な感覚を持っている。

過去の経験から、
自分の得意なやり方を浮き彫りにし、
当てはめていくのがいいんじゃないかな。

遠回りだけど、
とりあえずやってみる。

思い当たるアイデアは、
全部やってみて、
それで自分流に断捨離していくが、
最終的には早いと思う。

それが、
自分だけのオリジナルの考え方になる。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。