信長コラム

座談会に参加して。自分の中の答え

2日連続Live配信をさせていただきました。
今回は、
質問に対してのアウトプット。

私が思ったことを
アウトプットしていきます。

私が思っていることと、相手が思っていることの相違

selective focus photography of chess pieces

私の性格って結構ドライ。
なもんだから、
「あなたはあなた、わたしはわたし」

という感じで、
他人様が何をしようが
興味がない。

きっと、
私自身、まだまだ器が小さいので、
自分の空に閉じこもっていると思う。

SNSをみると、
「くそー!絶対負けない!」
という気持ちが出てしまうので、
みない様にしている。

自分が一番向き合える様、
環境を整えている。

時間の断捨離、
人の断捨離。

自分が向かうビジョンと
縁が無い場合、切っている。

確かにこれはこれで、
自分軸に注力するのは、
間違っていないと思う。

でも、
他人と混ざり合うことで、
モチベーションが高まることがある。

昨日のLIVE配信をして、
そう感じた。

青色が自分軸、
赤色が他人軸。

混ざり合うぐらいが、
ちょうど良い。

質問に対しての答え

質問に対して、
色々と答えさせていただいたけど、
一言で言えば。

答えはひとそれぞれ。

に尽きる。

それ以前に、
自分自身のトレードを、
どこまで把握できているかだと
思う。

”損切りができない”

これに対しての答えは、
まずは
・損切りはしなくてはいけないのか?
・損切りはなぜするのか?
・損切りは何のためにするのか?

というところから始まる。
そうしないと、
答えは様々だからだ。

一般的には、
損切りが重要と言うけれど、
損切りをしない闘い方もある。

損切りをしないで戦う方法は、
FX以外に注力をする。

1情報を集める
2底値でしこむ
3薄める
4手仕舞いをする

と言うステップ。

あまり深くはかけないけど、
ざっくり書くとこう言うことだ。

1一般大衆には落ちてこない情報を掴む
2木が枯れて、
自分の足元に枯れ葉が落ちてくるのを待つ
3弾を集めて薄める
4含み益になったら手仕舞いする

別の言い方をすると
情報×弾集め×タイミング
と言う方法。

だから、
手仕舞いは一概に悪いとは言えない。

自分がどの様なスタイルで
トレードをしているかによって、
答えは両方正解だと思う。

と言うことを、
本当は話をしたいけれど、
深い話はできないので、
1つの軸から、
表向きは答えることができない。

全ての質問に対して、質問を質問で返す

たくさん質問はあったけれど、
逆に質問で返したい。

”ロットを大きく張れない”

と言う質問があったが、
なぜロットを大きく張る必要があるのだろう?

・勝っている人が大きく張っているから
・億越えをするにはロットを大きくしないといけないから

等々、
他人の答えに当てはめていたら、
自分の答えを考えて欲しい。

1、気付き
2、行動
3、検証
4、自分なりの答え

と言う感じで、
何事においても、
自分で経験をして、
”だからこうなんだ!!”
という自分だけの答えを見つけ出して欲しい。

それで、
初めて質問が始まる。

お金が残ればいい
と言う考えならば、
大きくなるのではなく、
着実に取れるpips×回数を増やせば
結果として同じになる。

なので、
答えは人それぞれ。
になってしまう。

まとめ

clear ball reflecting rocks and grass

本末転倒になってしまうが、
答えはひとそれぞれ。
だから、
具体的な話はできない。

今ある手法に対して、
他人の手法を学ぶことによって、
彷徨うこともある。

なので、
参考程度に聞いて欲しいと思う。

すべてが正解で、
すべてが間違いだから。

どれを選ぶのかは、
自分次第。

答えは自分の中にある。
と言うことに繋がる。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。