信長コラム

タラればの話をしても何も意味がない

woman wearing black hat staring at sunset

どの業界にもいますが。
FXでも。
「ほら、俺の言ったとおりでしょ」
「私、いいましたよね」

という感じで話す人が、
SNSで多い。


「ドル円120円まで上がるかなぁ。。。」
とつぶやき

1時間後、
ドル円が120円になったら
「ほら。僕の言うとおりになりましたよね!」

こういう人の特徴を、
俯瞰的に分析してみます。

誰も得しない世界

woman wearing black top standing near yellow wall

過去の予想が当たったことに対して、
「自分の言った通りだったでしょ?」
という感じの人は、
リアルでも、SNSでも多い。

自分の呟きをリツーイトして、
自分でコメントをする。

これって、
誰が得になるのだろうと考えた。

結論
誰も得しない。
これに尽きる。


具体的に考えてみると。
Aさんが過去の呟きをリツイートする。
それに対して、読み手はどう思うだろう。

「わぁー!Aさん凄い!!」
「やっぱAさん、すごいですね!」
という答えになるのか。

「Aさんって応援してほしいんだね」
「Aさんって認めてほしいんだね」
という答えになるのか。

なぜ、こんな話をしているかというと、
FXでは、
予言は簡単にできるからである。

別のたとえ話で説明する。

競馬の情報屋が、電話をかけて、
お客さんから信用を得る方法。

競馬なんて、
何通りもあるのに、
予言をするなんて簡単にできる。

単勝を連続で予言することは可能だ。

やり方は、
馬が6頭いれば、
6人のお客に電話をかける。

AさんにはA馬が当たると伝える
BさんにはB馬が当たると伝える
CさんにはC馬が当たると伝える
DさんにはD馬が当たると伝える
EさんにはE馬が当たると伝える
FさんにはF馬が当たると伝える

と言うように、
6人にバラバラの答えを伝えると、
必ず1人は当たる。

そして、
2回目は、
1回目が当たった人に対し、

AさんにはA馬が当たると伝える
BさんにはB馬が当たると伝える
CさんにはC馬が当たると伝える
DさんにはD馬が当たると伝える
EさんにはE馬が当たると伝える
FさんにはF馬が当たると伝える

という形で伝えれば、
2連続で当たるのなんて簡単。

6×6=36通り

必ず1人は当たるという話。

FXなんて、
上か下かなので、
確率はもっと低い。

Aさんには下がる
Bさんには上がる

2回目は
Aさんには下がる
Bさんには上がる

2連続当たるのは
2×2=4通り

そのくらいの確立である。
なので、
とても簡単な事。
まぐれでも出来る数字だ。

そんな確率を、
「Aさん凄い!」
と思い込んでしまう人は、
気を付けたほうが良い。

なぜなら、
Aさん「この後上がるともう」
と投稿

読み手は
「Aさんが言うなら全力で買う!」

という感じで、
自分の考えがなくなる。
ゆえに、
負けたときは後悔をする。

エントリー後、
思いっきり下がる。

AさんBさん
「ちっくしょ~~~~!!!」
というわけで、
仲良く損切。

なので、
誰も得しない。

さみしがり屋で認めてほしい

man in red coat

過去の呟きを
「私いいましたよね」
って発言する人は
他人からの承認欲求が強い

別の言い方をすると、
メンタルが弱い。

メンタルが弱いからこそ、
「ほめてほめて!」
「いいねしてして!!」
「フォローしてして!」

という感じで、
他人承認欲求で生きている
世界観だと感じる。

これって、
過去のトラウマかもしれない。

小学生の頃、
お母さんに対して
「僕言ったじゃないか!」

友達に対して
「だから、僕は言ったんだ!」

切なる願い
「僕の声を聞いて・・!」

それが大人になっても、
変わっていない。

人間、
赤ん坊の頃は、
過去の記憶なんてない。

大人になって、
過去にとらわれているのは、
幼少期に作られている。

他人からの承認欲求が強い人は、
学生時代
「さみしがり」
「うらやましかった」
「かまってほしかった」
「愛情をそそいでほしかった」
という思いが強かったのかもしれない。

自分に自信がないのである。

会社でもよくある上司の武勇伝

people sitting by the table inside cafe

私が会社員だったころ、
上司が居酒屋でよく言っていた。

上司
「俺が、お前の年頃はなー。
睡眠時間なんて3時間だったぜ。
会社のために頑張ったんだぜ。
契約も
新人賞とって、
会社の年商も3倍になったぜー!!」

そんな会社員あるあるだと思います。


「凄いですねー!やっぱ〇〇さんの実力ですね!!」

なんて言いながら、
本当はどうでもいい話。
他人の自慢は面白くもなんともない。

今だったら、こういいたい。


「で、お前今はどうなの?」

って言ったら、
間違いなく上司
ぶちぎれますよねw

過去の武勇伝で
自分に酔っちゃっている人は、
今がうまくいってないということの、
裏返し。

今がうまくいってたら、
「あの頃も大変だったけど、
今はこうでさーこうでさー!
ワクワクするんだよねー!」

って感じで、
過去よりも現在に
軸を置いている。

FXと同じじゃないですか。

まとめ

shallow focus photograph of black and gray compass

過去は変えられない。
未来を変えよう。

本当に全力で振り切っている人は。
自分はこんだけ頑張っているとは言わない。

努力をしていることを、
自慢しない。

それは、
「当たり前だから」
と思っている。

過去ではなく、
今を全力で生きよう。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。