MENU
手法

SLを建値に移動して切られる人の特徴

負けないエントリーはとても重要。
だけど、
すぐに建値にしてしまう人は、
結果的に、お金が増えずらい。

現在、
プロップの口座を運用しているとけど、
その時のマインドを踏まえ、
アウトプットしていきます。

建値にしたいのは、自分への逃げ道

grey exit sign board on grey pavement

プロップの口座では、
4人で1つの口座を運用しています。

個人の口座とグループ口座の
一番の違いは、”ガラス張り”である。

誰が負けたのか。
誰が損失をだしたのか。
一目瞭然だ。

最初の頃の話をします。

私は、
プロップの口座は
”絶対に減らしてはならない”
という気持ちが強かった。

勝率に拘りすぎていた。

エントリーするときは、
ビビりながらマウスを握る。

「ここだぁ、、、ぽちっ!」

ものの10秒でマイナスが膨れ上がり、
恐怖を覚えた。

「あぁー今ならまだこのくらいの損失だ」

と負けを前提で考えていた。

一応SLは入れているんだけど、
マインドはとても弱い。

そして、
5分もすれば、
プラテン(マイナスからプラスに転じる)する。

「やった~!シナリオ通りだ!」

で、
ここから反省なんですが、
”建値に移動が早すぎる”
ということだった。

なぜ建値に移動が早すぎてはいけないか

エントリーするときって、
5分足や15分足で、
エントリーすることが多いと思います。

特に急騰急落のように、
ド底やド天井で入った場合、
建値で切られることは多いです。

イメージ。

例えばこんな場面。
”売り”で入ります。
根拠は、
・意識される水平線
・Vのサイクル閉じ
・フィボナッチ
等になります。

SLは5PIPS上とします。
TPは10PIPSとします。

おっ、
エントリー方向に進んだ!

メンタルが弱い人は、
含み益になった瞬間に、
SLを建値に移動する

「よし、これで負けなし!」
にはなるけれど、
実際3PIPS-5PIPSでSLを移動すると、
かられる。

「やばぁい、逆行してきた!」

はい、
ひげで刈られました。

結果:180円の儲け(微益)

負けなければ勝ち
というのもわかるけれど、

私の検証経験から言うと、
SL覚悟で勝負をしなければ、
大きくは取れないと思う。

それに、
SLを建値に移動するのは、
チャートに方向性が出た時だ。

結果的に、
SLを移動しなければ、
TPまで行ったという話。

そもそもなんで建値を移動するのか

person standing in front of body of water

建値に移動するのは、自分都合。
これに尽きる。

でも、
チャートはそんなの関係なく、
動いているのである。

建値に移動したとき、
一度とどまってほしい。

①ノーポジならどう思う?

さっきの場面で
SLを建値に移動しました。

ここで考えてほしいのが、
売り目線で考えているのは、
自分都合。

逆に、
”買い”を考えているのは、
どこで買う??

将棋と一緒で、
自分の駒、相手の駒
両方のシナリオを考えながら、
動かしていく。

日本中将棋連盟会長に中将棋についていろいろ聞いてきました!|株式 ...

買い目線はこう考える

・フィボナッチ38.2%
・チャネルライン
・トレンドライン反発

ということで、
青いゾーンは一度反発すると疑う。

売り目線は

・意識される水平線(Vのサイクル閉じる)
・フィボナッチ200%
等々

という感じで、
両方の目線で見ると

「ここまでは行くな。
ここで揉むな。
ここで逃げとこう。」

これがわかるようになると、
無理に”利”を伸ばさなくてもいいし、
取れるところだけ取って逃げる。

お金が残れば、
ホームランを狙わず、
ヒットの連続でもよい。

かっこ悪いトレードでも、
取れれば勝ちは勝ち。

目的はお金を残すことにある。

というわけで、
エントリーしてしまうと、
どうしても偏りが出てしまう。

振り返りをするとよくわかる。

「あぁーこんなところで入ったら、
負けるに決まっているやろー
俺のばかー」

エントリーすると、
自分の都合で考えてしまう。

②上位足を必ず見る事

先ほどの場面に行きます。
建値に移動している人は、
ここで刈られている場面です。

ここでとても重要なのが、
上位足はどうなのかです。

私は
・日足
・4時間足
・1時間足
・15分足
の4画面で見てます。
(細かなところは5分足)

5分足では、
ダブルトップになるかなって場面。

しかし、
15分足で見るとこんな感じ。

1時間足

という感じで、
上位足に行けば行くほど、
一本のろうそくの中のピストン運動に過ぎない。

5分足で翻弄されてはいけない。
上位足は、まったくぶれていない。
ただの上下運動にすぎないのである。

だから、
早めの建値移動は、
いとも簡単に駆られる。

③転換ポイントは4つのパターンしかない

チャートが転換するときのパターンは、
4つしかない。

それを頭に入れておくと、
イメージが出来る。

とても重要です。

上昇中でも、
イメージができていれば、

「これは転換のダブルトップで終わる
パターン」

と予測できていれば、
損切をしないで耐えることもできる。

というわけで、
転換のパターンは以下の四つ

①V字A字転換
②ダブルボトム、ダブルトップ
③三尊、逆三尊
④レンジブレイク

①V字A字転換

①は稀である。
基本あまりない。
急騰急落の時に経験からあると思う。

②ダブルボトム、ダブルトップ

下や2回試す。
・同じ最安値になる(同値)
・安値更新
・安値切上

③三尊、逆三尊

3回上を試すが、
それでも上昇できず、
崩れていく。

④レンジブレイク

ド底でレンジが始まり、
レンジを抜けて転換

まとめ

dog kangaroo toy

先ほどの4つの転換パターンは、
同様。

4つのエントリパターンがある。
本やブログを見れば、
どこにでも書いてあるけれど

実際、
それで勝てるかどうかは、
まったく別物である。

これは実際に自分で試しながら、
検証をしていく必要がある。

相手がどんなパターンで来るかによって、
戦い方を変えていったり、
イメージをする。

”直観”で判断するというけれど、
”直観”とは、
努力から培ってきたもの。

つまり、
何度も何度も同じ場面に来ると、
条件反射と一緒で、
「なんか違和感を感じる」
というがわかってくる。

プロップの口座でも、
こんな感じでやってます。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。