信長コラム

メンタルが壊れた時の対処法

ポジションを保有して、
思った方向と逆に言ってしまったとき、
「あぁぁぁ~~~なんでだ~~~!!」
って事になる。

その時いつもの自分になれているだろうか?

いつも通りに行えば、
いつも通りに損切をして終わるだけ。

頭ではわかっているけれど、
想定外のことが起こると、
パニックに陥り、
・ナンピン
・SLをずらす
・資金管理以上のエントリー
ということで、
一気に溶かしてしまう。

今日は”いつもの自分”について
アウトプットします。

いつもの自分ってどんな自分?

トレードでは、
手法・資金管理・マインドが重要と
言われている。

その中でも、
マインドがとても重要。

マインドが崩れるから、
資金管理が崩れるといっても、
過言ではない。

”いつもの自分”なら、
こんなところで
・ナンピン
・SLをずらす
などしないだろう。

でも、
いつもの自分ではないから、
自分のルール(自制)を無視して、
大失敗を犯す。

”いつもの自分”ってなんだろうか?
・頭がさえている
・チャートが予測できる
・受け入れることが出来る
等々思っていないだろうか。

上記の事って、
=思考や概念の事になる。

”いつもの自分”の答えは、
=体の状態のことになる。
(脳に記憶させる)

なので、
いつもの自分をいつでも出せるようにすれば、
冷静に落ち着いて対処することが出来る。

パニックになっているときって、
体が前かがみになっていたり
心臓の鼓動が早くなっていたりする。
いつもの体の状態ではない。

瞬時にいつもの自分に戻せる練習を
する必要がある。

ポジショニングを普段から行う

ポジショニングはアンカリングと同じ様なもので、
”絶対的安定な姿勢”を作ります。

・立った状態
・座った状態
・寝た状態

とありますが、
FXはPC作業なので、
椅子に座った状態でやっています。

やり方

椅子に座った状態
①左右対称のポーズ
②余分な力が抜けている
③自分が守られているイメージ(薄いバリア
④その姿勢なら何時間もいられる

最後に、
呼吸を意識する。
鼻で吸って、口でゆっくり吐く

落ち着くまでやる。
一言でいえば
”呼吸を体が楽な姿勢でやる”
だけです。

やってみた感想

トレードでは、
やっていることは同じなのに、
ロット数を上げると勝てなくなる。

そんな時って、
メンタルが原因な時多い。

入った瞬間に手数料で、
めっちゃとられる。

損をしたくないから、
損切がはやくなってしまう。

リスクを取らなければ、
利益をとれないのはわかっていても。

なので、
ポジショニングを取り入れました。

エントリーする前。
エントリーした後。
心が落ち着かなくなった時に、
ポジショニングを行って、
”いつもの自分”を瞬時に戻しています。

このポジショニングですが、
普段から行うのはもちろん。
負けてストレスが溜まっているときにも
行うことによって、
いつでも”いつもの自分”を出すことが出来ます。

本気で稼ぐなら、
騙されたと思ってやってみて。

マインドを克服するものは
FXを制す!

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。