基礎

FT4でのステップ学習

目標を達成するには、
何事も練習は必要。

でも、
ただ我武者羅に練習をしたとしても、
結果が出るかどうかは別の話。

自分が成長できるメニューがないと
意味がない。

小さなスモールステップで
小さな目標を達成し、
大きな目標へ目指していくことが、
自己肯定感を上げて、
自己成長につながります。

というわけで、
今回はFT4(練習ソフト)の
小さなスモールステップを、
アウトプットします。

STEP1:水平線だけをやる

FT4でいきなり練習というのもありですが、
今回は勝てた
今回は負けた

と、
ただ結果だけ求めると軸がぶれる。

なぜ勝てたのか、
なぜ負けたのかを分析し、

FT4は結果を求めず、
自己成長を上げていきます。

なので、
負けても落ち込む必要はない。

負けた時こそ、
「どうしたら勝てるようになるか」
という風に考えます。

本口座だとメンタルがきついが、
FT4は負けてもノーダメージ。

ノーダメージだからこそ、
練習あるのみ。

というわけで、
始めます。

どの通貨でもいいので、
練習をスタートします。

今回はEURJPYで行きます。

最初は日足の意識される場所に、
水平線を引いていきます。

最初はたくさん引いてみます。
「ん?ここ意識されているんじゃない?」
ってところはとりあえず引いてみる。

最終的には、
「ここの水平線って効かないなー」
ってわかってきますので。

今度は時間足を下げて
4時間足でも同じように水平線を引きます。

わかりやすいように、
日足の水平線:赤色
4時間足の水平線:青色
としておきます。

というわけで、
まずはざっくり引いてみましょう。

検証開始

実際にFT4を回してみましょう。

目的:
水平線にタッチするとき、
どんな動きをするか確認する。

5分足で、
日足(赤色)の水平線にタッチした時の反応を
見てみます。

見事に反応されて、
大きく上に反発されました。

なんで反発したんだろう?
その時に、
各ロウソク足全体を見てみます。

4時間足を見てみると、
ここのラインは、
何度も何度も反発しています。

レジスタンスラインにもなっているし、
サポートラインインもなっている。

とても意識される場所って考えれれます。

固い日足の水平線ラインだけど、
ゴムのように、
何度も何度も反発することによって、
いつかは抜けてきます。

一般的には4回目と言われていますが、
確率論の話になります。

STEP2:実際にエントリーしてみる

最初は、水平線だけでエントリー
ダウ理論とかMAの位置
等は考えずに、
ただ水平線だけでエントリーをしてみます。

別の日付で同じように
やってみます。

最初は勝ち負けにこだわらず、
練習で入ってみます。

ちょうど水平線なので、
買いで入ってみます。

SLの位置は、
1時間足の押し目のちょっと下あたり

SLが近すぎると、
すぐに切られてしまいます。

というのも、
5分足レベルではダウントレンド(下げトレンド)
なので、
ドンピシャで反転するのは稀です。

(そこに、MAやフィボなど
他の要因があれば反転確率は高まります)

TPは、
同じ日足の水平線で1つ上にしておきます。

というわけでみていきます。

反転して、もう少しでTPなのに、
上がらない!

途中で逃げるということもできますが。
今回は、最後まで見てみます。

今度は下げトレンドが始まり、
SLに近くなってきました。

さらに進めていくと

最終的にはTPにささりました。

SLもTPも広かったので、
だいぶ時間はかかりました。

FT4ならあっという間に終わるので、
練習しながら感覚をつかんでいきます。

調子に乗って、
今度は、反転下落を予想し、
1時間足で同じようにTPとSLを決めます。

SLは直近高値の上
TPは先ほど意識されていた
日足の水平線

4時間足の水平線で
反発されました。
オーバーシュートと呼ばれています。

TPがもうちょいで届きそうだったのに、
そのまま上に反発して上昇していきました。

結構こういうきわどいパターンも、
多いです。

だいぶ時間はかかりましたけど、
最終的にはダウントレンドになりました。

STEP3:まずは10回やって思ったことを書いてみる

最初は、10回を目安に行います。
終わったら、
統計を見ます。

リアルでエントリーして、
終わったとき。

少し、俯瞰になって、
チャートを見ます。

・上位足の動きはどうなっていたのか
・過去に意識されているラインは効いている
・日足と4時間足の水平線の役割は

等々
気づきをメモしながら、
10回も回していると、
30分から1時間くらいかかります。

それが終わったら、
総計を見てみます。

勝率
収支

勝率が高くても、
利益が少ないければ
お金は減ります。

勝率が低くても、
利益が多きければ、
お金は残ります。

これは人それぞれ違うので、
最終的には、
自分の手法によって、
ステータスが異なってきます。

まとめ

いきなり全部の事を行うと、
混乱してしまいます。

MA、水平線、トレンドライン
フィボナッチ、RCI等々

なので、
最初は1つ1つ、
確かめるように、
コツコツ進めていきます。

経験値が上がるごとに、
同じことをやっていても、
新たな気づきが生まれます。

とても地道な作業ですが、
習慣化にしていけば、
自己成長になっていきます。

どれだけマイナスを食らっても、
ノーダメージなので、
練習あるのみです。

時間帯を決める
通貨を決める
水平線は各時間足2本だけにする

というように、
自分なりにルールを設けて、
何度も何度も繰り返すと、
一番効く水平線が、
自分の答えとして出てきます。

なぜその答えになったかというのも、
行動して、統計上の数字で、
結果が出ているので説得力があります。

だから、自身につながり、
自己肯定感があがります。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。