MENU
信長コラム

感情的になったら負け。 感情をコントロールする 習慣化 慈悲の瞑想

今回は”瞑想”について、
アウトプットします。

なじみのある言葉ではあるれど、
実際に行っている人、
継続して行っている人、
瞑想の効果がわかっている人は、
果たしてどのくらいいくのでしょうか。

Googleでは、瞑想して
このような効果がありました。

  • 自分の仕事に新しい意味や充足感を見つけた
  • 自分のやっていることが、ずっとうまくできるようになった
  • 自分のために質の高い時間を持つ重要性に気づき出勤日数を減らした結果、昇進した
  • 相手の話を聴くのがずっとうまくなって、すぐにカッとしなくなった
  • あらゆる状況を前よりもうまく理解できるようになった
  • 顧客の信用がずっと高まった
  • 心の平穏と幸せがずっと深まった
  • 結婚生活の質が上がった
  • 自分の深い悲しみをポジティブな形で処理できた
  • 前より優しくて理解のある目を通して自分と世界を眺めることができる  
    等々

瞑想の良い部分はたくさんある。
でも、
瞑想って調べてみるとたくさんあるし、
何をしていいかよくわからない。

というわけで、
今回は、瞑想についてアウトプットします。

瞑想を感情リセットに使う

トレードを行って、
勝った時も、負けた時も、
瞑想を習慣化している人もいると思います。

それは、
瞑想をすることによって、
一度感情をリセットするためだったりします。

最初のエントリーの結果が
勝った時と、負けた時の感情。

勝っても負けても、
”欲”からエントリーをしたくなる。

そうならないように、
一度感情を中庸(リセット)
するために、瞑想をします。

1度エントリーが終わったら、
チャートを閉じて、
瞑想をする。

呼吸瞑想では、
目をつぶり、
大きく吸って・・・
大きく吐いて・・・
吸って・・・
吐いて・・・
呼吸に集中する。

邪念が沸いてきたら、
呼吸を意識する。

たったこれだけ、
これだけでいいので、
瞑想をすることをお勧めする。

なぜ、
このようなことをするかというと、
・怒り
・悲しみ
感情は第二感情と呼ばれています。

〇〇があるから、
感情が発生するという風に考えます。

何もなければ、
いきなり怒ったり、悲しんだり、
することはあまりありません。

怒りのピークは6秒です。
その6秒我慢することが出来れば、
冷静に考えることが出来ます。

そのために、
瞑想に置き換えたりします。

クレームの例でいうと、
怒りのピークは6秒。
怒りをコントロールして
感情をコントロールすることが
大切。

頭が高い位置より、低い位置の方が、
冷静になれる。

クレーム対応では、
店内で怒っているお客様に対し、
こう言います。

店長「事務所でお話を聞きます。」
店長「こちらにお掛けください。」

これは、頭の高さを低くすることにより、
感情を和らげる効果がある。

極端な話、
寝ながら大声でクレームを言う人はいない、
頭の位置を低くすることで、
感情はやわらいでくる。

日常から感情をコントロールする慈悲の瞑想

先ほど挙げた瞑想は、
感情が出てきてしまったときに、
リセットする呼吸瞑想。

それに対し、
日常から感情的にならないよう、
習慣化したいのが
”慈悲の瞑想”

慈悲の瞑想は2つあります。
・自分を愛する
・人を愛する

前者は(自分に対して)
自分を褒めて、
優しく愛する。

そうすることによって、
自分に自信を持ち、
自己肯定感を上がり、
嫌なことも受容でき、
立ち向かことが出来るようになります。

後者は、(人に対して)
大切な人の悩みがなくなり、
夢が叶うように願います。

大切な〇〇さんの悩みがなくなり、
大切な〇〇さんの夢が叶いますように。。

これを、
目を瞑って、
呼吸とともにイメージしながら、
祈ります。

応用編だと、
道ですれ違う人に対しても、
慈悲の祈りをしていきます。

小学生がいたら
「無事に学校へ着きますように」

車が通ったら
「あの人が安全運転で、
会社に到着しますように」

杖をついているおじいちゃんがいたら
「日に日に元気になって、
杖をつかなくても歩けますように」

という感じで、
どこでもできます。

これを習慣化していると、
人に対しても感情をコントロールする
ことが出来ます。

例えば、
会社で上司が理不尽なことを言ってきます。

上司「早く仕事終わらせろよバカヤロー!」

いつもだったら、

私「そんな言い方ないじゃないか、むかー!」

と思うけど、
心に余裕があると。

私「上司は今朝、奥さんと喧嘩して、
イライラしているんだな」

という風に、考えることが出来ます。

また、
通勤で運転をしている時、
後ろからあおってくる車があるとします。

いつもなら、
私「こっちは安全運転しているのに、
なんてやつだ!むかー」

って思ってしまうけど、
慈悲の瞑想が習慣化されていれば

私「きっと、奥さんが病院にいて、
すぐにでも会いに行く必要があるんだろうな
端に止まって、先に行ってもらおう」

という考えに変わります。

問題が起こるときって、
お互いヒートアップしている時です。

どちらかが、
別の解釈をすれば、
”暖簾に腕押し”という感じで、
ぶつかることが少なくなります。

まとめ

私たちはこの地球の一部である(ガイヤ理論)

FXで感情駄々洩れしてしまう人は、
日常から感情のコントロールを習慣化して、
トレードに対しても、
心に余裕をもって対応していきましょう。

大きく溶かすときって、
感情が原因の時が多い。

トレードの事は、
トレードで考えるのも重要だけど。

トレードの世界観より、
さらにもう一回りの世界観で、
客観的にみると、
答えが見つかったりします。

死にそうなくらい悩んでいても、
海に行ったら、
「俺の悩みなんて海に比べたら、
たいしたことない」
って思えるし。

夜景で星を眺めていたら、
「他の国では、
私よりももっと大変な人は、
沢山いる。
それでも頑張っているんだなぁ。。」

ってイメージするだけで、
また立ち上がって頑張ろうと思える。

同じことが起きても、
プラスにするか、マイナスにするか、
重要なのは感情ではなく、
どう受け止めるかの解釈である。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。