信長コラム

【お金の稼ぎ方】俯瞰的に考える

お金を増やすためには、
どうしたらいいのか。

FXと言う世界観だけで、
億越えをするのは、
果たして近道なのだろうか。

今回は、
お金の増やし方の
ロードマップ(全体図)について、
アウトプットします。

お金の稼ぎ方を知る

FXだけやっていると、
視野が狭くなる。

たしかに、
大きく稼げれば、
それが一番近道の、
稼ぎ方かもしれない。

でも、
確率はどのくらいで、
達成するのだろう。

本屋が好きなので、
よくいくのですが、
最近はお金の本が多く並べてある。

金融庁が2019年6月3日に公表した
報告書で問題になったのが
老後資金は2,000万円不足と言って、
炎上した。

戦後の日本は、
銀行の金利も高くて、
年功序列で経済成長だったから、
貯金が正義だった。

しかし、
令和の時代、
金利なんて0.001%とか。

これでは、
預金していても、
まったくお金は増えていかない現実。

そこで、
NISAやIDecoが注目をされた。

老後のお金は自分たちで、
運用しましょう。

銀行に預けるよるかは、
ローリスクローリターンで、
増えて行くと言うのは、
知っている人も多いはず。

でも億越えを考えると、
達成するのは老後になるだろう。

お金を持っている人は、
どうやって稼いでいるのか。

何冊か読んで行き着いたところは、
分散投資だった。

A:株式、社債、通貨、不動産
B:国債、現金
C:コモディティー、ビットコイン、その他

最初にこの割り振りを考える。
100%をどのように割り振るか。

A:株式、社債、通貨、不動産
主に高いパフォーマンスを期待して投資するもの

B:国債、現金
おもにポートフォリをの値動きを安定させる目的で投資するもの。

C:コモディティー、ビットコイン、その他
AとBとは異なる値動きで、全体のパフォーマンスを高め、安定させる目的で投資するもの。

と言う感じ。

FXはと言うと、
Aの通貨になる。

と言う感じで、
FXがこけても大丈夫なのように、
分散投資をすると言う感じ。

どの本にも買いてあるのがこれ

いくつか本を読んだけど、
共通して言えるのが、
アメリカ株

または、
アメリカ株の投資信託

その理由は、
統計とアメリカ文化にある。

大きな利益を取りに行くなら、
個別銘柄もありだけど、
着実にとるなら、
S&P500が含まれている
投資信託など。

まとめ

FXは全体の中の一部。

そう考えて行くと、
使える金額はいくらまで。
他の投資で利益が出ていたら、
マインド的にも安心する。

何をするにしても、
知識がなければ負けてしまう。

全体図をみて、
FXはここ!
と言う風に進めていくのが、
いいのかなと思いました。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。