信長コラム

【ゲーム感覚】ぷよぷよと同じイメージでトレード

私が中学校の頃、
SFC(スーパーファミコン)で、
「ぷよぷよ」と言うゲームが流行りました。

今ではeスポーツになるほど、
何十年もの間支持されているゲーム。

ルールは至って簡単。
上から落ちてくる
ぷよぷよというスライムのような物体を、
4つ並べれば消えていくと言うもの。

今日は、
ぷよぷよとトレードについて、
アウトプットします。

(今でもPCでやってますw
頭の体操にはもってこいです。)

お邪魔ぷよで考える

ぷよぷよには、
おじゃまぷよと言うものがある。

これは色がないので、
単独では消えない、
困ったもの。

これを使って、
上手に連鎖をしていくというのが、
上級者。

で、
これをFXで考えてみる。

分割エントリーの1発目は適当

例えば、
今の状態で、
「買い」と「売り」
どっちでもいいので、
とりあえずエントリー

とりあえずエントリーすると、
含み損になる。
(適当の方が勝てることの方が多い。。)

1発目=おじゃまぷよ

ここからおじゃまぷよを
消していく作業が、
2発目のエントリー。

最終的に、
全部消えて、
プラテン(プラスに転じる)が
勝ちと言うゲーム。

まとめ

FXは、
投資ではなく投機と言われている。

農業で例えるなら、
畑を買って売るのが投機
畑にタネを植えて実を作るのが投資

ギャンブルなら、
適当でも勝てる。
と言うのがあって、
いろいろと検証してみた。

検証段階では、
シナリオはなくてもいい。

1発目が含み損になっても、
2発目が反転するところで入れれば、
相殺することができる。
(ここは重要)

さらに、
順張でも逆張りでも
どちらでもトータルプラスにできる。

これに関しては、
含み損がどれだけ耐えられるかになる。

検証段階では、
シナリオなくても勝てた。

これを応用したら、
最初に「買い」と「売り」を
両方エントリーもいける
(証券会社によってはNG)

要は、
どこで逃げるかがとても重要。

手法は何でもいいので、
反発するところで入れれば、
トータルプラスで逃げることができる。

また、
スマホで収支の値動きだけで
トレードもできると思う。

それには、
証拠金維持率が重要になる。

結局、
最大損失で損切るのは、
恐怖に負けてしまうからだ。

おじゃまぷよを、
消していく作業をして行こう。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。