基礎

【時間帯】不利な条件ではやらない

普段何気なくエントリーをしているけれど、
「スプレッド」の開きは見ているでしょうか。

同じエントリーでも、
タミングが異なると

エントリーした際、
大きくPIPS離れてエントリーになったり。。

そうなると、
勝率や利益、損失というのも、
変わってくる。

細かいところだけど、
とても重要なことだと思います。

1円でも利を求めると、
ここは意識した方がよい。

経済指標は要注意

経済指標が発表される前後は、
スプレッドが広がる。

なので、
追っかけエントリーは、
個人的にはやらない。

普段なら
3pipsのずれで
エントリーできるのに、

スプレッドが広がると、
30pipsのずれで
エントリーしてしまったり。

そうすると、
エントリーした時点で、
-30pipsと言う感じ。

経済指標でも、
小さな指標は何事もなかったりする。

問題なのは、大きな指標。
スプレッドが広がるので要チェック
ここからチェックできます。

朝の7−8時はやらない方が良い

冬時間の今日では、
7時〜8時はスプレッドが大きく広がる。

なので、
この時間帯もエントリーは避ける。

同じエントリーをしても、
スプレッドで損をするなら、
見逃した方が良い。

同様。
持ち越してTPを置いていて場合

チャートはどう見ても刺さっているのに、
スプレッドが広がると、
ささらないという現象が起きる。

手仕舞いするにしても、
7−8時で手仕舞いするなら、
8時を超えてからの方が、
スプレッドが戻るので利が乗りやすい。

証券会社によって、ひげの長さが違う

証券会社によってチャートは大きく違う FXにおいて、手法がたくさんあるように、証券会社もたくさんある。 しかしながら、なんとなく決めている人もいるので...

証券会社によって、
同じチャートでも、
ヒゲが違う。

酷いところでは、
200pipsも離れているとか。

サポートに連絡すれば、
戻せる時もあるけれど、

基本的には、
良心的な証券会社が
やりやすいと思う。

未然に防ぐ、対策するには

未然に防ぐにはどうしたらいいか。

手動で行う場合、
エントリーする際
気配値をチェック

GBPシリーズは
スプレッドが広いので、
平均なスプレッドかどうか、
チェック

ツールを使う

私の好きなトレーダーで
及川さんがいる。

その方のツールで
「プロコン」というのがある。

それを使えば、
スプレッドが広すぎると、
画面が紫色になると言う感じ。

これが一番手っ取り早い。

スプレッドの幅も、
自分で決められるので、
これ以上広がったら、
警告の紫色表示に設定したり。

個人的にはおすすめ。
リンク貼っておきます。

まとめ

スプレッドは
ボラが開いたときに
広がります。

なので、
そこでエントリーをすると、
不利になるので、

手仕舞いするにしても、
早めに切ると言うのも、
重要なことだと思います。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。