MENU
手法

【検証】FXで勝つには経験はいらない

「FX稼げるようになるのに、10年かかった」
「FXで重要なのは”経験”だ」

とよく言われています。

それだったら、
10年間は勝てないってこと?

そもそも
10年目と1年目の違いって何?

経験っていうけど、
具体的に何?

そこを掘り下げていけば、
10年を1年に短縮できるのではないか。

ということを思いながら、
比較して、アウトプットします。

板前になるには10年間かかる

転用(別の世界観で考える)します。

板前になるまで10年という歳月がかかります。
10年間の間何をしているかというと、

1年目…洗い場、出前、ホール業務
2〜3年目…飯炊き、貝類や小魚を捌く、玉子を焼く、まかないを担当
4〜6年目…カウンターに入り、巻物や軍艦を担当
7〜9年目…握りを担当
10年目…一人前になる

私なら、
3日でやめてしまうでしょう。。

板前は10年かけないと、
本当になれないのか?

職人経験1年目や、女性寿司職人が活躍できる時代

寿司職人の世界では、
女性が握ってはいけない。

お客さんからはこういわれる。
「お前の寿司は本物じゃない」
「化粧の粉が寿司に落ちる」
「女性の手のひらの体温が高く、ネタが傷む」

それでも、
女性寿司職人が頑張っている。

また、
経歴の部分では、
最短1年で板前をしていたりする店もある。

10年かからないとなれないのが、
1年で板前!?

という風に考えてしまう。
そこを穿った角度で考える。

客はそこまで求めていない

板前10年選手と
板前1年選手では、
味は間違いなく10年目のほうがおいしいだろう。

でも、
お客さんが求めているのは、
人それぞれ。

「高くてもおいしいお寿司を食べたい」
「味はふつうでも安いほうがいい」

「寿司屋ってピリピリして入りづらい」
「女性のほうが気軽に入りやすい」

というように、
お客さんも思想がひとそれぞれである。

音楽の世界も同じ。

高額なスピーカーでは、
人間が聞こえない広域の音域まで、
出してくれる。

プロの人から見たら、
「これ、全然音が違う!最高!!」
ってなるけど

一般の人から見たら
「え?何が違うの?」
ってなる。

それもそのはず、
人間が聞こえない広域ですから。。

つまり、
わかる人が買えばよい。

わからない人はそれなりで十分。
プロ仕様を求める市場って、
少ないんです。

経験を機械でカバー

今日では機械と共存していく時代が始まる。
AIによって、人間の仕事がなくなっていく。

大手の回転ずしでも、
機械のボタンを押したら、
シャリが出てくる。

寿司を握るのが機械。
人間はネタをのせるだけ。

「そんな味うまかないだろー!!」
「手の体温で味が変わる!」

なんて言っていた人も、
普通に食べに来ているでしょう。

「この値段でこの味!!
う・う・うまい・・・!!」

時代によって、
過去の常識は覆されます。

経験が10年の人がいなくても、
お店は回るのです。
補助的な物を使うことによって。

株式である以上重要なのは、
”会社を継続していくこと”である。

味にこだわりすぎても、
お客さんがこなければ、
どれだけおいしくても、
お店はつぶれます。

FXに転用して考える

話をFXに戻します。

FXは経験が重要だといわれていますが、
先ほどの寿司から転用します。

寿司職人10年寿司職人1年
極上にうまいそれなりにうまい
パフォーマンス手際よい、背中を見せる機械に任せて
お客さんとコミュにケーション
ルール寿司道(王道)時代にあった握り方
人脈地道にコツコツSNSで拡散

これをFXに置き換えます。

FX歴10年FX歴1年
利益爆益微益
パフォーマンス大きな利益を取りに行く微益をコツコツ
ルールチャートの形から波に乗るゾーンで分割
人脈孤独にトレードSNSで仲間と共に

という感じで考えた。

まとめ

自分の意見をアウトプット。

FX10年の人は、
月収100万を目指している。

FX1年目の人は、
月収10万を目指せばいい。

FX10年目の人は、
経験から、勝ちパターンを知っている。

FX1年目の人は、
経験がないので、
1つの手法で
ロットを小さく、分割で取りに行く。

FX10年目の人は、
メンタルが鋼のメンタルなので、
含み損でも耐えられる。

FX1年目の人は、
メンタルが豆腐メンタルなので、
損切額は生活レベルまで。
エントリーしたらみない。

現在検証中ですが、
FX1年目でも勝てる方法はないかを
検証中。

ざっくりいうと、
0.1LOTで10通貨入る。

1Hレベルの反発に指値を入れる。

時間帯ごとに利益を見て、
含み益:手じまい
含み損:持ち越し
という感じでやっている。

これなら、
”時間の縛り”と”マインド”が少なくなる。
最初に仕込んでおけば、
あとはスマホだけで成り立つ

大きな含み損を抱えても
・5発入ったとき
・含み損が1通貨2万を行ったとき(0.1LOTの場合)
の対処法を考えた。

まずは2月末まで検証してみます。
再現性があれば、
初心者でも勝てるんじゃないかなーと。。

FXはギャンブル。
確率論の手法です。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。