信長コラム

【時間は有限】無限ループの人間関係を断ち切る

1日の中で、時間は有限です。
貴重な時間を割いてまで、
行うことはあるのでしょうか?

私が会社員の頃は、
毎日MTGをしていました。

社長「日経新聞によると・・・」
社員一同「なるほどですね!すばらしい!!」

社長の話は顔を向けて、
話を聞かなければならない。

そんなの自分で新聞読んだら、
3分もかかないだろう。

今の時代ならスマホで
1分もかからない。

MTGはいつも1Hかかる。
情報を知るだけなら3分もかからない。

私「(暇だなぁ・・。)」

内訳
・情報共有
・雑談
・反省
・士気を上げる

いつもこんな感じ。
社長のためにMTGをやっている感じだった。

MTGに限らず、
”付き合い”というのは
たくさんある。

人間関係の悩み。

悩み相談を受けていたら、
1週間もかかってしまったり、
その結果何も変わってない。
しまいには
相手も相談内容覚えていなかったり。

今本気でFXで稼ぎたいのなら、
環境を作って、
時間を確保して、
トレードに向ける必要がある。

どれだけ雑談をしても、
トレードで利益にならなければ、
今は必要ない。

するなら、
勝てるようになってから。

でも、
どうしても付き合いで断れない
という人もいるので、
話が長い人との流し方について、
アウトプットします。

もう繰り返さない後味の悪い交流

会社の職場の上司・同僚や、
恋人・友人・知人、家族・兄弟に
こんな人いませんか?

・同じことを繰り返す
・マウントを取りたがる
・上げ足をとる
・誘惑をしておきながら利用する
・自己否定感の塊
・世話焼き(ありがた迷惑)

人は扱われたように育つ。

生まれた場所も違えば環境が違う。
性格は人それぞれ。

人間関係の悩みは多いですが、
うまく付き合っていくにはどうすればいいか。

Yes,but(相談にのっても長引くパターン)

相談にのって、
アドバイスをしても相手は
「はい、でも・・・」と言って
受け入れない。

相談がエンドレスのパターン。

私「それだったらこうしたらどうですか?」
相手「それいいですね!でも・・・」
私「それなら、ここを加えたら大丈夫」
相手「なるほど、しかし・・・・」


という感じでエンドレスになります。
無限ループに突中

これについての解釈

背景

相手はこう考えているのかもしれません。

相手「私の悩みはあなたに答えられないわ」
隠れたプライド=マウント

この場合、
何を言っても、
”受け入れる”という体制が
出来ていないので、
何を言っても、
受け入れてくれない。

脱却法

例)親子で買い物

母「今日のおかず何がいい?」
子「ハンバーグが食べたい!」
母「でも、お父さんは嫌いだから」
子「じゃあ魚にしよう!!」
母「魚は昨日食べたから」
子「スパゲティーはどう?」
母「夜にスパゲティーは体に良くないわ」


例)彼女とデート中

彼女「この洋服、白と黒どっちがいい?」
私「白のほうがかわいいよー」
彼女「白だと汚れやすいわー」
私「黒もいいよね!似合ってる」
彼女「うーん、でもかわいくない」
私「試着してみて決めよう」


<試着した結果>
彼女「やっぱり別のにするわ」
私「・・・・・で、ですよねー。。」

何を言っても、
答えは出ない。

逃げ方として
子「先に野菜見てくるから決めといて!」

相手に聞く
私「あなたはどっちがいい?」

相手と電話中なら
私「ごめん、Lineコール着てるから切るね」

というような感じで
”扱わない”で逃げる。

仲間割れ

巧みに相手にけんかして、
双方に争いを起こし、
その隙につけこんで、
利益を横取りするパターン

背景

AさんとBさんは仲良しです。
それをCさんは面白くありません。

CさんとBさん2人の会話
C「私も聞いてびっくりしたんだけど、
Aさんって〇〇なんだって!」
B「えー、そんな風に思えない!」
C「だよねー、でもこないだ〇〇してたし、
ひょっとしたらって思っていたんだけど。。」
B「そうね、言われてみたら。。」
C「そうでしょ、そうでしょ!」
B「ちょっとガッカリだね。」

そして
CさんとAさん2人の会話
C「こないだBさんと話したんだ」
A「Bさんいい人だよね。私好き」
C「そうなの?BさんAさんの事〇〇って言ってたよ」
A「えぇ!いつも笑顔で話しやすいって思ってたのに」
C「それ接客業だから表向きの笑顔だったのかも」
A「裏で私の事何言っていると思うと怖い」
C「Bさんこんなことも言ってたよ・・」
A「Bさんってひどいわ!」

最初
AさんとBさん:仲良し

最後
AさんとBさん:嫌いになる

Cさん
AさんとBさんが仲良しなのが気に食わない。
AさんとBさんが仲悪くなって利益を取る。

脱却法

相談できる人に話すのが正しい。

AさんとCさんとの会話で
A「そうなの!Dさんも呼んで話そう」

Dさん:第三者全く知らない人

または、
直接AさんがBさんと話す。

話すべき人と話をしないと
うまくいかない

さぁ、つかまえたぞ!

相手のミスや弱い所につけこんで、あげあしを取る。
弱い所を集中攻撃されるパターン。

背景

会社にて
私「課長、書類できましたのでお願いします。」
課長「おいおいおい、ここ不備だよ不備!!」
私「すみません、すぐに訂正します。」
課長「バカヤロー!アホか。
君ねー、謝って済む問題じゃないよ。
何年やってんだよ、頭悪いんじゃないか。
たかが、書類一つって思ってんじゃないの?
その書類一つで、戦争って起きたんだよ?
わかる??
間違った書類で国が滅びたんだよ、
君はまた戦争を起こそうとしているのか!!」
私「以後気を付けます。」

パワハラ上司に多いパターン。
1つのミスを大袈裟に話す。

1つのミスで、国が滅びる?
んなわけない

組織の中で生きる人は、
上司の意見は絶対だ。

特に責任感が強い人は要注意。
自分が悪いと思い込んで、
鬱になる。

脱却法

始まったら終わらない
<関係を薄くする>
よく部下がやめてしまう、育たないという
ケースがある。

その場合、教える上司に焦点を当てる。
上司は仕事ができるかもしれないけれど、
教えることが出来ない。

そういう人は、
1人で仕事をしたほうがうまくいく。
上司は1人で仕事をする環境にする。

なので、
配置換え。
部下はつけない。

会社内だと難しいかもしれないけど、
関係を薄くする。

<安定したポジショニング>
これは自分の精神を中庸に持っていく。
メンタルが崩れても、
いつものポーズを日ごろから習慣化する。

ポジショニングは
・立った状態
・座った状態
・寝た状態
という風にいろいろな型がある。

普段から習慣化しておくと、
ポージングで精神を中庸に戻す。

ラグビーの五郎丸選手が、
やっていまたね。

<必要な言葉だけを受け止める>

上司「バカヤローこんなこともできないのか。
書類が間違ってるじゃないかー!!」

私「(私はバカヤローで何をやっても無駄。。)」

こんなことを言われて、
鬱になる。

全部を受け止めないでください。
バカヤロー:受け止めない(人格否定)
書類が間違っている:受け止める

受け入れるのは、
書類が間違っていることだけ。
人格否定は受け入れない。

まとめ

人間関係の悩みは多い。

でも、
人間から助けてもらい
解消することもある。

うまく共存することが、
人生を楽しくしてくれる。

知識があると、
今回の内容のように、
Aのパターンが来たら
Bのパターンで返す。

Cのパターンが来たら
Dのパターンで変えす。

というように、
ゲームと同じになる。

マリオで言うなら、
クリボーが歩いてきたら、
”ジャンプ”をする。

間違っても、
”Bダッシュ”で突撃したら、
死んでしまう。

なんでジャンプするか?
知識や経験があるから。

わかっているから、
避けることが出来る。

人間関係も、
無限ループの会話にならないように、
ゲーム分析をしながら、
受け流すのも必要なスキルです。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。