信長コラム

【2月の結果】振り返り +1,551,934円

2月の結果から
気づきや改善点をアウトプットします。

3口座の結果はこんな感じで

結果をみると、
100万越えを達成。

それに対して、
何をしてきたかを
書いていきます。

理想のトレードスタイルを追いかけてた

理想のトレードスタイルを考えた時、
PCの前で張り付かないと勝てないのは
嫌だと思った。

私は自由が好きなので、
縛られることが嫌い。

世界中に旅をしながらでも、
トレードをするには、
・トレード時間の短縮
・自由な環境で仕事(ノマド)
この2つは必須だった。

お金は無限に増えるけれど、
人生の時間は有限。
時間>お金
この大切差はわかっている。
歳を取るほどに、理解できる。

・トレード時間の短縮

現在朝の8:00−8:30まで、
11通貨のシナリオを書く。
ここはPCの方がやりやすいので、
PCでやってます。

<11通貨>
AUDJPY,AUDUSD,EURAUD,GBPAUD,EURGBP
EURJPY,GBPJPY,USDJPY,EURUSD,GBPUSD,USDCAD

そして、
反発する場所に指値をおく。

1通貨に付き5本
(1日のボラを考えると5本あれば十分)

と言うわけで、
55本の指値をセットアップ

これで終わり。

・自由な環境で仕事(ノマド)

あとは利益がでたら、
ちびちび抜いていく。

ボラが多い時に利が乗るので、
東京時間、欧州時間、NY時間、日足確定
と言う感じで、
抜ける時に手仕舞いします。

抜けないポジションは、
指値コースに入ります。
1本→2本→3本・・

チャートは一方通行にはいきません。
押し目、戻り高値をつけてから
進んでいきます。

重要なのは、
逃れるところで逃げること。

利を狙っていくと、
逃られなくなるので、
ポジションだけが増えてしまう。

そのやり方だと強制ロスカットにならない?

ならないとは言い切れないが、
資金管理さえできていれば、
ほぼほぼないと思う。

と言うのも、
FT4でシュミレーションをした。

その時のデータを元に、
・証拠金維持率
・分割ルール
・最大含み損

と言う感じで。
最悪のケースを
洗い出した。

それでも耐えれる方法を
持っている。

イメージとしては。
フローチャートになる。

Aパターン
含み損を抱えて、
最後まで握る

Bパターン
含み損が範囲を超えたら、
なるべく微損で逃げる

と言う感じで、
相場によって、
ある程度裁量の選択をしている。

今のところ、
そこまで含み損を抱えたことがないので、
わからないが、
そうなった時の対処法を用意しておくことで、
全損を回避する。

また、
証拠金維持率が下がると
強制ロスカットになるので、
薄めるという戦略をとっている。

まとめ

結果が全て

と言うのが資本主義。
自分の中では、
理論上、これでいけると言う
確証はできた。

けれど、
爆益はとれない。

それをすると、
メンタルに負担もかかるし、
大きく負けるのがわかっている。

なので、
コツコツ地道に利を増やしていく。

大きく勝ちたいと言う人ではなく、
着実に月10万を目指している人と
つながっていければと願う。

いつか、他のトレーダーと
一緒にセミナーをやりたいな。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。