手法

【メンタル】必要なパターン、不必要なパターン

トレードでは、
メンタルが重要と言われている。

「メンタルを鍛えて、
稼げぎましょう!」
と言うのが王道のパターン。

これって抽象的なので、
具体的に、
どのような時に
メンタルが必要なのだろうか。

また、
メンタルに負担をかけない方法は
ないのだろうか?

私はメンタルに負担をかけない方を
選びました。

”爆益”を狙う人が大損する理由

大きな利益(爆益)を取るのは、
難しい。

勝率で言うなら30%
RR1:10と言う感じだ。

天才は勝率80%で
RR1:16と言う人もいる。

この天才の話で言うと、
学校のテストで例えると、
(前者)70点を目指すのか
(後者)100点を目指すのか、
と同じ様なイメージ。

70点なら基本を抑えれば、
平均点は狙える。
しかし100点となると、
”完璧”と呼ぶにふさわしいほどの、
知識と時間がかかる。

私は70点を目指している。
100点の人は、
知識も時間も相当欠ける必要がある。

あなたはどっちをめざしているか?
選択肢がある。

トレードのでのメンタル

基本的には、
勝率が低くて、
RRが高いと言う体で話をする。

爆益を狙う人は
利益50万
損切り3万
勝率10%だとする。

この時のメンタルについて。

1回目:損切り3万
2回目:損切り3万
3回目:損切り3万
4回目:建値で0円
5回目:損切り3万
6回目:損切り3万
7回目:建値で0円
8回目:損切り3万
9回目:損切り3万
10回目:利益50万

合計
損:21万
益:50万
利益:29万

となるのだが、
実際にはなりずらい。

精神的に限界に来ている

1回目:損切り3万
2回目:損切り3万
3回目:損切り3万
4回目:建値で0円
5回目:損切り3万
6回目:損切り3万
7回目:建値で0円
8回目:損切り3万
9回目:損切り3万

9回目の段階で、
メンタルは疲労している。

損:21万
益:0円

この時の心境って、
・取り戻さなきゃ
・証拠金がヤバイ
・まずは少しでも勝たないと!!

そして
10回目で利益が出る場面では

含み益:3万・・
「よし、いけいけ!」

含み益:10万・・
「一旦建て値に移動!勝ち確定!」

含み益:20万・・

パターンは2つ
①「トレールであげれば勝てる!」
そして、上げすぎてSLに当たる。
利益15万

②「SLはあげずに握る!」


よし、含み益25万行った!
「今月損は21万だから
ここで逃ておいた方がいいかも・・・」

「手仕舞い!25万確定だー!
やったーーー!」

今月は差し引き
利益=4万

まとめると、
9回も利がでていない場合、
本当の勝負の時に、
負けが当たり前(習慣)になっているので、
握る事ができなくなってしまう。

負けを埋めると言う頭になってしまうので、
小心者は負け分を取り返したら、
利益を確定してしまう。

9回も利がでていない中で。
握ると言うことは相当メンタルに負荷がかかる。

それを踏まえた上で、
私は逆の発想をしている。

まとめ

爆益を憧れる。
しかし、その背景では、
どのような苦労があるのか。

それをわかった上で、
挑戦をする。

ここに、
”楽して簡単に”
という思考が入ると、
挫折をすることになる。

自分が100点を目指しているなら、
知識も経験
それに時間も。
とってもとっても必要になる。

あなたは本気でそこまで
目指しているのですか?

勝率、RR、収支
レーダーチャートの様に、
調整して、
自分にあった
トレードスタイルにする必要がある。

自分の性格(メンタル)は
どこまで耐える事ができるのだろう?
それを知らずに、
他人と同じ事をすると
メンタルが先に限界に来てしまう。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。