信長コラム

【考える事】答えがでなくても次へのステップに繋がる

ビジネスでもプライベートでも、
トレードにおいても、
考えることは多々ある。

どれだけ考えても、
答えがでない時はある。

「どうしたらいいのかなー」
「なんでできないかなー」

自己否定になるのがよくない。
考えても何もできなくても、
自分はダメだと思いこまないで欲しい。

考えたけど答えがでてこない。
それは、
いつか答えがでてくるために必要な作業だから。

これについて
アウトプットします。

情報を無意識に落として閃く

ひらめきとは、
今まで培ってきた知識と経験によるもの。

答えを求めようと、
考えても考えても、
答えがでない時はある。

でも、
考えないより、
多面的に物事を考えているので、
答えになるヒントはでている。

そこを1本の道(シナプス)に
つなげる事ができない。

そして悩んでしまう人が
多い。

そんな時はどうすればいいか。
何もしないをする。

答えを求めようとしている時って
心に余裕がなくなり、
みている世界が小さくなる。

なので、自然があるところに行って、
何もしないをする。
すると、
無意識の情報が、
繋がってアイデアが降りてくる。

この無意識の情報も、
情報がないと生まれてこない。
なので考えることが必要。

FXで負けている時によく考える

FXで大きく負けた時は、
いつも考えている。

こことても重要なんだけど、
メンタルが弱っている時は、
負けた時に反省をする。

その矛先は、
自分自身。

「やっぱ自分はダメなやつだ」
「自分は勝てないやつ」

自己否定になるのは、
間違った反省。

自己否定に走ると、
自分を傷つけたり、
自分を否定したり、
トレードから離れる動きを取る。

酒に走ったり、
食べ物に走ったり、
女と遊んだり。

これでストレスを解消する人もいるが、
なんの問題解決にもなっていない。

暴飲暴食をしたら、
体に負荷がかかる。

と言うことは脳を破壊する。

「次はトレードで勝つ!」
って本気で思っていたら、
その対処法は遠ざかる。

重要なのは、
反省することではなく、
改善すること。

自己否定に走るのではなく、
「どうしたら次はうまくいくか?」
こっちに全力で注ぐ。

反省と改善

反省改善
原因自分自身の問題トレードの問題
対処法忘れる
・酒を飲む
・食に走る
・女と遊ぶ
PDCA
・時間帯
・相関
・インジケーター
・ろうそくの形
結果なかったことにする
=トレードが下手なまま
自己成長につなげる
=穴埋めをしながら自己成長

まとめ

トレードにおいて、
100点の答えはない。

手法が確立しても、
負ける時は負ける。

だから、
完璧主義の人は、
正解を求めて彷徨う。

どれだけ負けたとしても、
手元にお金が残れば正解だと思う。

それは、
FXの目的がお金を稼ぐことならば。

トレードスタイルはひとそれぞれ。
勝率もPFも関係ない。
お金が残れば正解。

誰かの手法を否定しても、
それでお金が残っているのなら、
それも正解。

答えは人それぞれ。
重要なのは、
自分自身を知ることと同様、
自分の手法を知ることだと思う。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。