信長コラム

【検証】欧州の戦略 1%の勝率を上げる努力

最近、
欧州時間での勝ち逃げが調子がいい。
それについてアウトプットします。

ステップで言語化してみる

私の手法は、
朝8時頃、
その日の日足が
陽線になるか、陰線になるかを考える。

そして、
1発目は11通貨成行で入る。
2発目以降は指値

朝10時くらいに、
総合利益が2~3万くらいなら、
含み損を持っていても、
とりあえず全て切る。

※2-3万確定利益
ノーポジ

今まではこれで1日終わりだけど、
欧州時間もこんな感じでやっている。

朝8時に今日の日足を決める。
今回は陰線でイメージする。
↓結果から出すと陰線で終わる。

日足は”売り”でイメージしていても、
午前中の段階で、アップトレンドになっている。

欧州時間において、
日足のイメージは”陰線”

日足に対して、
午前中は逆に走っている(アップトレンド)

こういう場合は、
欧州時間から”売り”で入る。

乖離した分戻りやすいと考える。

(大前提、
日足の方向があって入れば、
勝てるという話)

まとめ

自分の手法は型が出来た。
これが最終形態だと思う。

あとは、
勝率を1%上げる努力をしている。

努力というよりかは、
閃き。

毎日トレードしていると、
こうしたらよくなるかなー
こうしたら効率よくなるかなー
という感じで、
無意識に考えてしまう。

無意識に考えるほど、
取り組んできたからともとれる。

勝率1%を上げる努力を
していきます。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。