基礎

【ジャンケンで例える】FXを別の世界観から考える

誰しもが知っているジャンケン。

FXはこれと同じだと思った。

パターンは
・パー
・グー
・チョキ
3パターンしかない。

勝率は
1/3で勝てる。

これについて、
FXで考えてみた。

手法は1つでも勝てる

私の場合、
FXの手法は1つしかない。

ジャンケンで例えるなら
ぐーしか出さない。

でも、
たくさん手法がある人は、
・グー
・チョキ
・パー
全て出せる。

でも、たくさんあるから
確率はあがるわけではない。

確率は1/3で
どちらも変わらない。

相場で考える

相場は
・アップトレンド
・レンジ
・ダウントレンド
の3種類しかない。

つまり、
私はグー(売り)しか出さないのであれば、
相手がチョキ(ダウントレンド)なら勝てる。

自分が勝つには相手を選ぶ。
グー(売り)しか出さないので、
パー(アップトレンド)を出しそうな人だったら、
そもそもやらない。

負ける勝負はしない。
と言うことだ。

でも、
たくさん手法がある人は、
どんな相手でも勝負をする。

確率は1/3でどちらも変わらない。

重要なのは、
この人は何を出すか
見極めることだ。

ここに最大の努力をする。

シンプルにグーだけでも
勝てることはできるのだ。

アイコでも勝てたら勝率は2/3になる

じゃんけんには、
遅出しジャンケンというものがある。

相手が気づかなければ、
勝ちは勝ちだ!
邪道のやり方。

私のトレードも同じ。
1発目のエントリーは負け。

だけど、
分割で反発ゾーンで入っているので、
トータル勝ちに持っていく。

さらに
利益は少ないけれど、
私の場合、
10pipsほどで手仕舞いしている。

そうすると、
”買い”で入った場合。

勝ち:アップトレンド
勝ち:レンジトレンド(手仕舞い)
負け:ダウントレンド

と言う様な感じで、
勝率は2/3になる。

利益を少ないけど、
勝率は高い。
(メンタルを保つ術)

まとめ

確率論で考えると、
頭の中がすっきりする。

勝てる様になったきっかけは
”FXはギャンブルである”

と言う認識に変わったから。

ギャンブルだとわかったら、
ギャンブルで勝っている人を考えた。

競馬・パチンコ・カジノ等々
この人たちが勝ち続けるには
どうやっているのか。

そこを掘り下げて、
FXに置き換えた。

ギャンブルでも、
仲間とチームで戦ったり、
確率が高い勝負を趣味レーションしたり。

誰しも勝てるわけないと思っていても、
勝ち続けている人は存在する。

FXは9割が負ける。
でも1割は勝っている人がいる。

1割と聞いて、
「たったの1割かよ」
と思うのか
「1割も勝てるのか!」
と思うのか。

その1割が
めちゃくちゃ稼げているのなら、
最強だと思った。

ABOUT ME
トミー信長(Tommy Nobunaga)
池袋に住んでる30代起業家。 物販月商1000万プレーヤーだけど、利益が上がれば税金も増え、3度の税務調査に入られ世の中の仕組を理解する。 必ず投資家になって、将来地域投資家育成Proectを遂行する。「FXで稼いで人生が変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログを配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。