【FXで稼ぐ】チャートはシンプルに、3つの方法でエントリーの場所を見つける。

FX初心者
FX初心者
FXで稼ぐには、どうやったらいいんですか?

誰しもが抱える悩み。
それも、そのはず、
大切な資産を使って、トレードするわけですから、
しっかりと稼ぎたいですよね。

1日アルバイトで稼いだ金額よりも、
FXでは大きく稼げることができる。

サラリーマンが副業で稼げるようになれば、
独立して、専業トレーダーとして稼ぎ続ける事も出来る。

それでは、手順を追って、
解説をしていきます。

あなたが、稼ぎ続けられるよう、
心から祈っています。

【チャートはシンプルに】技術も経験もいらない。シンプルトレード

インターネットや本屋さんに行くと、
たくさんのFX手法の本がある。

本には、
「オシレーターやインジゲーターを使いましょう。
と書いてあったりします。

確かにあってはいるんですど、
稼げていない人の特徴として、
ありったけのオシレーターやインジゲーターを入れていたりします。

Tradingviewと言うサイトで、
他の人が作成した演習が乗っていますので、
一度見てみてください。

斜め線、平行線、
わけのわからないインジゲーターをつかったりして、
ぐっちゃぐちゃのチャートありますよね。

本人がわかっていればいいのですが、
見れば見るほどわからなくなってしまいます。
「あれれーなんでここ線引いたんだっけ。。」ってな感じで。

なので、
チャートはシンプルに。

アラート(設定した値段になると通知)が来た時、
シンプルなチャートの方が、誰が見てもわかります。

この、誰が見てもわかる。
と言うのがポイントです。

トレンドが出ていたら、確率が高い場所で稼ぐ

①最初に、
移動平均線の800MAの上にあるか下にあるか、
または重なっているかを見ます。

上にあれば、アップトレンド
下にあれば、ダウントレンド
重なっていば、横ばいまたはレンジ

レンジとは:水平線を含む、上下突出した3点以上で結ばれたた図形

【FXで稼げる人】が使っている800MAの移動平均線とは? FXを始めたばかりの初心者は、チャートの見方がわからなければ、チャートのパターンがわからず、わからないがわからない状態。 ...

②直近高値安値の更新をしているか。
更新されないパターン

更新されたパターン

現状の場所から。
直近(一つ前の)高値安値が更新されているかがポイント。
更新できていなければ、トレンドが弱くなり、逆の展開を疑います。

③フィボナッチラインを引く

フィボナッチラインは、メニューにあります。
使っているディーラーによりますが、
ほとんどはいっています。

フィボナッチを選んだら、
直近高値と安値の2点を結んであげます。

チャートは登って、登って、登り続けることはなく、
一度適度な戻りをしてから、直近高値安値を更新していきます。

イメージしてほしいのは、
ジャンプする時、一度かがみますよね。
また、
弓矢を引くときって、
一度弓を引いて、矢が勢いよく飛んでいきますよね。
チャートも同じです。

フィボナッチで最重要視しているのは、
”38.2″と”50.0″です。
理由は自然界において、フィボナッチ比率最もトレンドが継続しやすいのがこの数列だと思うからです。人間の心地よい心理状態を表したものともいわれています。

“38.2”または”50.0″にあたって、
反転したら、トレンドの力は強くなります。

なぜなら、多くの人が思い込むからです。
人の心理→集団心理→市場心理

単純シンプルに、エントリーする場所はここ!

最後はエントリーをする場所の確認。
強いトレンドが出ていれば、
エントリーするポイント。

①番:フィボナッチで反転確認が出来てたら、エントリー。
②番:さらに23.6まであがったらさらに上昇の力が強くなる。
③番:直近高値を超えるのを確認したら、さらに上昇の力が強くなる。

①番のポイントは、
上がったと思いきや、下がることもあるので
追い風要因(公開予定)の確認が必要。

②番のポイントは。
意識されている場所が、
フィボナッチを1つ超えてきたので、
さらに意識が強まる。

③番のポイントは、
誰が見ても、直近高値を抜けたので、
さらに意識が強まる。

まとめ

FXでの手法はたくさんありますが、
しかし、
一番稼げるのはシンプルなチャートです。
誰が見てもわかりやすいチャート。
自分が見返した時、迷わないようにするためです。

上達するコツですが、
毎日演習を行います。

頭の中で考えてはいけません。
文字にして自分の言葉で言えないと、
本当に理解したことにはならないからです。

私「なんで勝てたの?」
初心者「直感!なんとなくそんな気がした!」

私「なんで負けたの?」
初心者「運がなかったのかなー、わかない。。」

これでは貴重な資金が、
あっという間になくなってしまいます。

1回のトレードにも、
ちゃんと向き合って、
Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を
していかないと、向上はありえません。

本気で半年、1年、3年、5年と
勝ち続けていきたいのなら、蓄積していかないと
儲からなくなったからと言ってすぐに諦めてしまいます。

私も、本気でやります。
同じ志の人たちと、共に頑張っていきたいと思います。

・チャートはシンプルに、余計な事はしない。
・800MAの上にあるか下にあるか。または重なっているか。
・直近高値安値を更新しているか。
・フィボナッチラインが適度な戻りになっているか。
・エントリーする際は追い風要因を確認して確率をあげる。
・1回のエントリーを本気で向き合う。PDCAは必須